CMスクール

注1) 第4講座の会場は、建築会館の301+302号会議室です。建築会館の場所は、左メニューの「会場」で確認下さい。
注2) 昼食の時間は13:00~13:40の40分ですので、できるだけ弁当等をお持ち下さい

 

2017年12月3日(日) 「実務者のためのコストマネジメント」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00) 


 講師紹介
koushi-iwasaki
岩崎 力(いわさき りき)

株式会社 久米設計 コストマネジメント部 主管

<経歴>
 1995年3月 法政大学工学部建築学科 卒業
 1995年4月~ 茜建築コンサルタント株式会社 (積算部所属)
 1998年1月~ 株式会社 久米設計 積算部(現:コストマネジメント部)

コストマネジメント・積算業務に従事し、住宅・業務・商業・教育・医療・生産・流通・福祉・宿泊・庁舎・スポーツ施設・・・概ねの用途 及び 日本全国区の案件を経験、また 公共・民間案件問わず携わり、双方のスキームや再開発・補助金対応等々でのコスト・積算業務においては広義にわたり行っており、その経験をもとにCMr主担当としてもプロジェクトに参画している。

<主な業績>
 2015年CM選奨(SGリアルティ柏A・B棟新築工事 CM業務 約246,500㎡)
 2015年 日本建築積算協会 創立40周年記念大会
     パネルディスカッションパネラー 「“チャレンジ”未来に向けて」

<資格、所属団体等>
 一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー、建築積算士、日本CM協会 試験委員会委員

 


 カリキュラム紹介

講義内容:チームで行うコストマネジメント

「コストマネジメント」は、プロジェクトを円滑に進めるうえで非常に重要であり、ゆえにチームで行う視点がポイントとなります。いうなれば、「チームマネジメント」がカギとなります。

一般的に各フェーズでの概算、モニタリング、VE手法等、コスト担当が行っていますが、東日本大震災やオリンピックなど取り巻く環境の中で、多様な入札契約方式(DB,ECIなど) の推進により公共工事案件のスキームの変革からコストマネジメントにおいても困難に見舞われています。コスト関連業務からの問題は予算超過、不調・不落だけでない影響を理解し、プロジェクトを円滑に進めるための新たな視点を身に着け、官民問わずCM業務に生かすことを学びます。

ワークショップにおいては、事例に基づき各種問題点・課題を整理し、その対処策、逆に事前対応策を発注者に提案することができるかなど、実践演習を通して考えていきたいと思います。

 

■ 午後の部 (13:40~16:40) 


 講師紹介
koushi-itou
伊藤 一義(いとう かずよし)

株式会社日本設計 PM・CM部 副部長

<経歴>
 1983年 芝浦工業大学建築工学科卒業
 2008年 株式会社日本設計入社

<主な実績>
 2009年 大手町業務ビル計画PM支援業務
 2011年 地方百貨店新館計画CM業務
 2012年 建材メーカー東京本部移転PM業務
 2012年~ 都内再開発事業施設建築物設計コスト管理
 2016年~ 事業準備支援業務、DBアドバイザリー業務
 2017年~ オープンブック・コストプラスフィー方式CM支援業務

<学会発表>
・2013年 日本建築学会大会(北海道)建築社会システム部門パネルディスカッション、「発注者も受注者も納得する建築コストとは ~品質と労働環境を考慮したコストマネジメントのあり方~」主題解説「設計者のコスト管理」
・2016年 日本建築学会大会(九州)建築社会システム部門パネルディスカッション「コストマネジメントの現状と課題 ~コスト認識の差異と改善を探る~」主題解説「設計者のコストマネジメント」

<資格>
 一級建築士、認定ファシリティマネジャー、建築コスト管理士、建築積算士、BSIプロジェクトマネジャー


 カリキュラム紹介

講義内容:リアルタイム・コストモニタリング

複雑化していく建設プロジェクトでは、クライアントのコストに関する要望に応え計画案を策定するには、計画の進捗に合わせて時間的なロス無く、コストに関する意思決定を行うことが必要となります。この様な現状に対してコストメネジメントを実施していくには、リアルタイムにコストのモニタリングを行い、課題の把握・問題解決の提案を行うことが重要となります。

本講座では、リアルタイムにコストのモニタリングを実施するための手法・業務内容と、これを実施するための業務体制・役割分担及び関連する技術・知識等を講義いたします。

ワークショップでは、実際の建設プロジェクトを想定し、業務条件・要求事項・課題を設定し、コストマネジメントとして何が出来るのか検討・提案を行って頂きます。加えて、その検討・提案内容について受講者の皆様で意見交換等を行い、コストマネジメントの実施における課題を検証し、実務における応用知識として頂きたいと思います。

 

注1) 第3講座の会場は、建築会館の301+302号会議室です。建築会館の場所は、左メニューの「会場」で確認下さい。
注2) 昼食の時間は13:00~13:40の40分ですので、できるだけ弁当等をお持ち下さい

 

2017年11月12日(日) 「設計者選定とデザインマネジメント実践演習」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00) 


 講師紹介
koushi-kajiura
梶浦 久尚(かじうら ひさなお)

CBRE株式会社プロジェクトマネジメント部 部長

<経歴>
 1996年3月 東京工業大学建築学科卒業
 1998年3月 東京工業大学情報理工学修士取得
 1998年4月 大成建設株式会社入社
 2012年9月 英国 King's College London 『建設法と紛争解決』修士取得
 2013年1月 オートデスク社入社、BIMビジネスディベロップメントエグゼクティブ
 2014年9月 CBRE株式会社プロジェクトマネジメント部にて
   主に外資系クライアントプロジェクトに従事
 2015年9月~現在 同社プロジェクトマネジメント部 部長

<資格、所属団体等>
 一級建築士、一級施工管理技士、英国チャータードシビルエンジニア、英国チャータードアービトレーター

 


 カリキュラム紹介

講義内容:設計者選定

プロジェクト成功の為には、プロジェクトの特性を理解し、プロジェクトデリバリーの全体体制(プロジェクトのグラウンドデザイン)を組成する事が重要です。その中でもプロジェクトの主要プレーヤーである設計者は、プロジェクト組成時から、設計期間中、調達期間中、工事中、完了後に至るまで様々なフェーズで重要な役割を果たします。その設計者の適切な選定がプロジェクト成功への鍵の一つであることは間違いありません。

設計者といっても一社で全ての設計行為を行うわけではありません。構造設計者・インテリアデザイナー・ライティングデザイナー・ランドスケープデザイナーなど様々なプロフェッショナルが登場します。CMrには適切なプロジェクトチームを構成する能力が求められます。ある特定のプレイヤーや会社に過度のリスクを負わせすぎない事、適切な責任・リスク分担を行う事、それらを効率的に機能させる明確な業務区分を設定する事など、契約を通じはっきりさせる事が必要です。

時代の変化と共に、プロジェクトも多様化しており、様々な引き出しを持つ事が必要となります。又国際的な仕事の進め方を求められる状況も存在すると思います。今回のスクールにおいて、幾つかの具体的ケースを想定しつつ、最適なプロジェクトチームの組成についてワークショップを通じ考えて行きたいと思います。

 

■ 午後の部 (13:40~16:40) 


 講師紹介
koushi-kinoshita
木下 雅幸(きのした まさゆき)

株式会社山下ピー・エム・コンサルタンツ
取締役 常務執行役員 事業推進本部長

<経歴>
1994年:株式会社 山下設計入社
  意匠設計部門にて、高層テナントオフィスビルを得意とし、
  数多くのプロジェクトの中心的役割として活躍
2006年 大手生命保険会社不動産投資グループ
  アセットマネジャーとして、新規開発物件の投資検討から新築、
  稼働投資物件のバリューアップ、CRE戦略構築等、不動産投資に従事
2009年より現職
  矢崎部品ものづくりセンター(新築+改修)、
  昭和薬科大学附属高中一貫校新築計画(グッドデザイン賞受賞)
  ボートレース振興会本部ビル
  日本サッカー協会ナショナルトレーニングセンター、 
  他多数のプロジェクトに従事

<資格>
 一級建築士、認定コンストラクションマネージャー(CCMJ)、ビル経営管理士

 


 カリキュラム紹介

講義では、発注者のニーズを形に変える設計段階に、CMrとしてどのような視点からプロジェクト全体をプログラム化し、プロジェクト全体をデザイン、マネジメントするか、また発注者が日常的に迫られる意思決定をどのように支援し、スムーズなプロジェクト運営を行うか、CMrの取組みの姿勢からマネジメントツール等、実務上のポイントを学びます。

 講義内容(予定)

  1.設計段階のCMrの役割
  2.設計段階のプロジェクトプログラムの考え方
  3.CMrによる発注者要求事項の確認とマネジメント

 

注1) 第1講座の会場は、建築会館の301+302号会議室です。建築会館の場所は、左メニューの「会場」で確認下さい。
注2) 昼食の時間は13:00~13:40の40分ですので、できるだけ弁当等をお持ち下さい

 

2017年9月10日(日) 「CMrのためのプロジェクトフレームワーク演習」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00) 


 講師紹介
koushi-mizuno
水野 和則 (みずの かずのり)

日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社 代表取締役社長

1982年 京都大学工学部建築系学科卒業
1984年 京都大学大学院工学研究科建築学第二専攻修士課程修了
1984年 株式会社日建設計入社 設計部所属
2007年 同上 バリューマネジメント部門代表
2008年 日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社 代表取締役副社長
2014年 同上  代表取締役社長

主に千葉銀行、三井住友海上、日本銀行、日本生命等 金融機関の拠点ビル、本社ビルの設計・マネジメント業務に従事。日建設計コンストラクション・マネジメント(株)へ転籍後は、各種PJのCM業務、LCM業務の陣頭指揮を執るとともに、日本CM協会の理事(会員サービス委員会:交流小委員会、保険小委員会 担当)、企画運営委員に就任(2016年6月まで)。

【CCMJ、一級建築士、JIA登録建築家、認定FMr、建築仕上・建築設備診断技術者】

 


 カリキュラム紹介

「プロジェクトの運営段階におけるマネジメント・ポイント」

○ 講義

プロジェクトの運営段階において、プロジェクト特性から見たCMrの重点マネジメント・ポイントを中心に話をします。また参加者の属性によっては、ガイドブックに記述されている基本内容については既知のものとして、具体的なプロジェクト事例を交えてお話したいと考えます。

○ ワークショップ

講義内容を踏まえ、具体事例を基にしたワークショップ演習を行います。演習方式は、参加者それぞれの経験・スキルのシナジーが得られるグループ・ワークショップ形式を採用します。

 

■ 午後の部 (13:40~16:40) 


 講師紹介
koushi-kawahara
川原 秀仁 (かわはら ひでひと)

株式会社山下ピー・エム・コンサルタンツ 代表取締役社長

1983年 日本大学理工学部建築学科卒
1983年 農用地開発公団、農用地整備公団に勤務。
    この間、農林水産省、国際協力事業団(JICA)にも所属。
1991年 株式会社山下設計に入社
    意匠設計・監理部門において、幅広い用途の大規模建築・施設を中心的役割で数多く経験。
1999年 株式会社山下ピー・エム・コンサルタンツ(山下PMC)に転籍。
 
山下PMCの創業メンバーとして参画し、日立マクセル東京本社ビルで国内初の本格的CM方式(ピュアCM方式)の統括管理を担当。国内CM技術の礎を築く。

その後もメガプロジェクトを中心に種々の代表的CM/PM案件に従事、様々な事業解決ツールや手法を多数開発・実用化。
2007年から5年間、武田薬品湘南研究所Pj(310, 000㎡)の統括CMrを担当。本案件で2012国際CMコンテスト準グランプリ、2013第1回CM選奨優秀賞を受賞。
現在、経営者の立場で公共・民間を問わず幅広い分野のCM/PM業務を展開中。
2015年 著書「施設参謀」出版。

【日本CM協会理事、認定FMr、一級建築士】

 


 カリキュラム紹介

「プロジェクトのスキーム構築とハンドリング」

○ 講義

具体的な建設プロジェクトを題材にして、実践ベースでのプロジェクト・スキームの構築手法(すなわちフレームワーク手法)やプロジェクト・ハンドリングのやり方など、講師の実務プロジェクト経験に基づき、CM業務の基盤となるプロジェクト運営スキルを磨いていただきます。

 (1) プロジェクト発足時に、まずCMrは何をすべきか。
 (2) プロジェクト・ポートフォリオ構築のフレームワークとは何か。
 (3) プロジェクト全体をどのようにロードマップ化するのか。

具体的な想定プロジェクトを基に、どのようにプロジェクトを構築し、首尾よく推進していくコツとはどんなものか、実際に運用しているフレームワークやツールによって解かりやすく解説していきます。

○ ワークショップ

講義の内容を踏まえ講義に連動したトレーニングを、講義時間の中で数回実施します。
そして、具体的想定プロジェクトを基に1つの演題について、小グループに別れてディスカッションを行い、グループごとに資料として取りまとめていただいた上で発表してもらい、これを実際に行ったプロジェクト推進と比較等を行いながら、全員で講評確認していきます。

 

注1) 第2講座の会場は、建築会館の301+302号会議室です。建築会館の場所は、左メニューの「会場」で確認下さい。
注2) 昼食の時間は13:00~13:40の40分ですので、できるだけ弁当等をお持ち下さい

 

2017年10月15日(日) 「よくわかるCM業務提案術」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00) 


 講師紹介
koushi-hattori
服部 裕一(はっとり ゆういち)

日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社 取締役

1993年 京都大学大学院 工学研究科建築学修了
1993年~ 日建設計 設計部
2001年~ 日建設計 FMS室 → バリューマネジメント室
2007年~ 日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社に転籍

 

 

<資格>
・認定コンストラクション・マネジャー
・認定ファシリティマネジャー
・プロジェクトマネジャー・スペシャリスト
・一級建築士
・一級施工管理技士

日本CM協会関西支部幹事
日本CM協会活性化準備委員
日本CM協会試験委員 試験実施小委員会委員


 カリキュラム紹介

講義内容:「よくわかるCM業務提案術」

CM業務を受託し、これを円滑に遂行し期待される成果を得るためには、はじめに“発注者の想い”を理解しながら、「的を射た提案」と「効果的なプレゼンテーション」が必要になります。
提案力とプレゼンテーション力は、CM業務を勝ち取るためだけではなく、プロジェクトを通してCMrには絶対的に必要なスキルであるとも言えます。つまり、プロジェクトが置かれている状況を的確に判断し、いかに発注者 の“こころ”に届く提案・プレゼンテーションを行うという事が、CMrとして成功を収める鍵となる訳です。

本講義では、効果的なCM業務提案・プレゼンテーションに関する基礎知識と、さらに一歩踏み込んだ発注者の心をつかむ具体的な提案術を学んで頂きます。

そしてワークショップでは、プロジェクト発注方式に関する選択肢を概説した上で、“発注者の想い”にそった最適なCM方式を提案するケースや、プロジェクト関係者の要望が不明確だったケースなど、複数のシナリオに対して各グループで戦略を立てて、CM業務提案・プレゼンテーションを行う実践演習をして頂きます。

 

 

■ 午後の部 (13:40~16:40) 


 講師紹介
koushi-saito2
齋藤 仁 (さいとう ひとし)

株式会社NTTファシリティーズ グリーンITビルビジネス本部 本部長

1991年 北海道大学大学院工学研究科修了
1991年~ 日本電信電話㈱(以下NTT)入社
1992年~ NTTから分社したNTTファシリティーズに勤務
2006年~ NTTファシリティーズ CM部
2013年~ NTTファシリティーズ関西事業本部 営業本部
2016年~ 現職

 

<資格>
・認定コンストラクション・マネジャー
・認定ファシリティマネジャー
・一級建築士
・一級施工管理技士
・建築積算士

日本CM協会機関誌小委員会委員長


 カリキュラム紹介

講義内容:「CMr募集要項書から読み解く効果的なCMプレゼンテーションとは」

CM業務の受託は、発注者が提示するCMr募集要項書にしたがってCM業務提案書を作成するところから始まります。 そして、魅力的なCM業務提案書を作成し、効果的なプレゼンテーション を行える事で業務の受託に結びつけていきます。

本講義では、CMr募集要項書の内容を読み解き、発注者の要望を的確に掴んだ上で、魅力あるCM業務提案書に結び付けていく為のポイントについて学んで頂きます。

ワークショップでは、具体的な事例を引用して設定されたCMr募集要項書に対して、各グループで様々な角度から検討・討論して頂き、魅力あるCM業務提案書を作成して頂きます。
その後に作成頂いたCM業務提案書を使い実際にプレゼンテーションを行って頂きます。それらをお互いに講評することにより、「勝てるCM業務提案」について学んで頂くワークショップとなっております。

昨年までの基礎的な講座からランクを上げ、既にCM業務を実務の中で行っている方を対象とした、さらに一歩踏み込んだ内容での講座となっております。

 

 
CMSchool2017

2017年度もCMスクールを例年どおり開講いたします。

CMスクールは、既にコンストラクション・マネジャー(CMr)として活躍する方、またこれからCM に取り組もうとする方を対象にして、さまざまな分野のプロフェッショナルを講師に迎えて、基礎及び実践的な知識と技術を学ぶ場を提供致します。このスクールを通じて、実際のプロジェクトにおいてCM業務を遂行できる能力を持つマネジャーを育成し、健全でかつ質の高いCM方式が日本に普及することを目指しています。

CM業務を遂行するために必要な基礎・実践的な知識と技術は、単に建築の設計や施工の知識と技術に留まらず、法律、契約、ファイナンスなど様々な分野があります。本スクールでは、そのような知識と技術の中から、特に重要と考えられる分野を抽出し、その分野について体系立てて学んで頂こうという思いでカリキュラムを組み立てています。

それぞれの講座では複数の講師が専門分野を担当し、全体としてCMrが有すべき知識と技術を皆様に提供します。皆様が不足していると考える分野の講座を受講されその知識と技術を習得されるとともに、今後の業務に備える新しい分野の講座も是非受講されて、幅広い知識と技術を身に付けて頂きたいと思います。

 

◆ CMスクールの特徴

実践的な学習 CMスクールでは、すでにコンストラクション・マネジャー(CMr)として活躍されている方や、これからCMに取り組もうとする方に対し、ワークショップを通じた実践的な知識と技術を学習する場を提供します。
   
幅広い選択肢 CMスクールでは、テーマ毎に分かれた幅広い講座から希望の講座を選択して受講できるため、自分の不得意な分野の知識をより高めることや、現在提供しているサービスに特化してその質をより高めることが可能です。
   
CPD対応 CMスクールは日本コンストラクション・マネジメント協会の認定コンストラクション・マネジャー(CCMJ)のCPDに対応しています。

 

「カリキュラム」へ

「受講料・CPD」へ

「会場」へ

「申込方法」へ

「注意事項」へ

「スタッフ募集」へ

 

一般社団法人日本コンストラクション・マネジメント協会 CMスクール
108-0014東京都港区芝5-26-20 建築会館6F
TEL:03-5730-7791 FAX:03-5443-3965
Email:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

【FAQ】

Q: CMスクールは、どのような方を対象にしているのですか?

A: 主にCCMJを取得した資格者の方でCM業務を実践されている方を想定していますが、すべての講座がCM実務経験を必要とする内容というわけではありません。

Q: CM実務未経験者ですが、受講可能ですか?

A: 受講可能です。相応の建設プロジェクトの実務経験があればCM実務未経験でも受講可能です。各講座でテーマと難易度を設定していますので、目安としてください。

Q: 難易度を示す☆マークと講座の傾向を教えてください。

A: 星マーク別の傾向は以下のとおりです。

☆ : 実務未経験者でも参加できる講座 CM初学者向けの内容であったり、一般的なビジネススキルを扱ったりしています。
☆☆ : CM実務経験者を対象とした講座 主にCM業務の実務を体験する内容が多く、実務者としては日常業務のスキルアップのため、CM未経験者にとっては業務の疑似体験のために活用できます。
☆☆☆ : CM実務中~上級者を対象とした講座 この講座はCM実務者がスキルアップを目指して通常のCM業務から一歩踏み出すためのテーマを扱っています。ですから扱う内容がCM業務そのものでは無い講座が多いと言えます。

Q: 受講者はどのような方が多いのですか?

A: CM会社の社員の方と設計事務所・積算事務所の社員の方などで参加者の約6-7割が占められています。他には建設会社の方、プラント業界の方、公共・民間発注者の方、FM業界の方もいらっしゃいます。CM会社が社員教育として利用している例もあります。

Q: 受講者の方の年齢構成を教えてください。

A: 30-50歳代の方が約9割です。