CMスクール

注1) 第6講座の会場は、建築会館の301+302号会議室です。建築会館の場所は、左メニューの「会場」で確認下さい。
注2) 昼食の時間は13:00~13:40の40分ですので、できるだけ弁当等をお持ち下さい

 

2018年2月25日(日) 「CMrのための設備デザインマネジメント」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00) 


 講師紹介
koushi-satomi
里見 国弘 (さとみ くにひろ)

株式会社NTTファシリティーズ
エンジニアリング&コンストラクション事業本部 総合エンジニアリング部
設備設計部門 担当課長

<経歴>
1997年 名古屋大学工学部建築工学科 卒業
1997年 株式会社 NTTファシリティーズ 東海支店入社(機械設備設計)
2007年 同 建築事業本部 プロジェクト設計部 主査
2012年 同 建築事業本部 設備エンジニアリング部門 担当課長
2016年 同 総合エンジニアリング゙部 設備設計部門
担当課長(現在に至る)

一級建築士、設備設計一級建築士、技術士(衛生工学部門)、認定ファシリティーマネージャー

 


 カリキュラム紹介

講義内容 :「各フェーズ(企画~竣工後運用段階)でのCMrによる設備計画のモニタリングのポイント」

東日本大震災を機に、省エネルギー化、環境配慮、BCP(事業継続計画)などに対する関心は高まり、プロジェクトに対する発注者からの要求性能は、多種多様化してきています。設備計画は建築計画に大きな影響を与えますので、各フェーズにおいて設備計画のモニタンリングを行い、建築計画と整合させることが重要となります。
発注者からの要求性能を満たすためにCMrの立場としてプロジェクトの各フェーズ(企画~竣工後運用段階)において、設備的に盛込むべき内容、確認すべき事項を学んで頂きます。

CMrとして確認すべきポイントを伝えるワークショップ

ワークショップでは、講義の内容を踏まえて設備計画について、要求性能と設備計画の整合性及び改善すべき事項の抽出などをワークショップにて演習して頂きます。

 

■ 午後の部 (13:40~16:40) 


 講師紹介
koushi-hara
原 崇哲 (はら たかあき)

株式会社梓設計 機械システム部 理事

<経歴>
1980年 東京都立大学(現・首都大学東京)工学部建築工学科 卒業
1980年 株式会社 梓設計 入社(機械設備設計)
1993年 同 環境部 主幹
2007年 同 環境部 部長
2011年 同 機械システム部 部長
2015年 同 地球環境室 室長
2016年 同 機械システム部 理事(現在に至る)

(社)建築設備綜合協会 理事
昭和女子大学 生活科学部環境デザイン学科 非常勤講師
建築設備士


 カリキュラム紹介

講義内容 :「CMとして把握しておきたい設備計画に関する技術・手法・コスト」

地球規模の環境問題やエネルギーを取り巻く情勢の変化を背景に、発注者の設備計画に対する要求は、高度化、多様化しています。特に、低炭素化への対応は、省エネルギー法の適合義務化、環境性能のラベリング、ZEB化(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)への取り組みなど、プロジェクトを進める上で重要な側面のひとつと言えます。また、首都直下型地震を見据えたBCPへ対応も必須の状況です。
講義では、設備計画に関する代表的な技術や省エネルギー手法、設備グレードによるコストの違い、環境性能など、CM業務を遂行する上でCMrが把握すべき事項を最近の傾向や事例を交えながら学んで頂きます。

ワークショップ:

ワークショップでは、設備計画について、CMrの立場からの評価、問題点の抽出、改善のための提案、コスト算出など、オフィスビルの事例をもとにワークショップ演習をして頂きます。

 

注1) 第5講座の会場は、建築会館の301+302号会議室です。建築会館の場所は、左メニューの「会場」で確認下さい。
注2) 昼食の時間は13:00~13:40の40分ですので、できるだけ弁当等をお持ち下さい

 

2018年1月28日(日) 「CMrのための発注戦略と仮設工程計画」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00) 


 講師紹介
koushi-ogawa
小川 真隆(おがわ まさたか)

株式会社三菱地所設計 コンストラクションマネジメント部 主幹

<経歴>
1994年  横浜国立大学工学部建設学科卒
1994年~ 三菱地所設計監理部門にて、約5年間コスト管理業務等を担当
2000年~ CM業務関係部署立上げ及びCM業務に従事
2001年~ 三菱地所設計CM関係部署に異動
        現在に至る
        公共、民間、多種多様な用途・プロジェクト形態のCM業務を経験

日本CM協会では、調査研究委員会、会員交流小委員会にて活動

   認定コンストラクション・マネジャー、一級建築士、CASBEE評価員

 


 カリキュラム紹介

多様化する発注方式を体系的に学び、CMrとしてプロジェクトを成功させるための発注戦略の立案と実施の手順を、講義とワークショップを通じて学習して頂きます。

【講義内容】  ① 多様化する発注方式の体系と特徴
         ② 公共プロジェクトにおける発注戦略
         ③ 民間プロジェクトにおける発注戦略

【ワークショップ内容】
事例等に基づき、プロジェクトに適した「プロジェクト実施方式」「品質とコスト管理の手法」等について課題に基づく検討を行い、「発注戦略」を立案します。グループごとに発注戦略を立案後、お互いの講評を通じて最適な戦略の在り方を実習します。

 

■ 午後の部 (13:40~16:40) 


 講師紹介
koushi-katada
片田 和範 (かただ かずのり)

立命館大学 客員研究員

<経歴>
1980年  北海道大学建築工学科卒
1980年~ ゼネコンにて施工管理・設計・積算・営業計画に従事
1998年~ 森ビルにて発注・調達業務に従事
        六本木ヒルズ、上海環球金融中心、虎ノ門ヒルズ等を担当
2017年~ 立命館大学 客員研究員

日本CM協会では、CMガイドブック、CM業務委託契約約款、 同解説書等作成に協力

   日本建築学会 建築社会システム委員会 発注者問題小委員会委員
    認定コンストラクション・マネジャー、一級建築士、一級施工管理技士


 カリキュラム紹介

仮設計画はマスタースケジュールを設定する上で重要な要素の一つです。当講座では仮設計画の基本的知識を講義で学び、具体的な事例を用い仮設計画が工期に与える影響や効果をワークショップで学びます。

【講義内容】  ① 仮設計画案検討の目的・時期
         ② 仮設計画案検討における敷地条件による制約
         ③ 仮設計画における考慮事項
         ④ 想定工事期間の設定

【ワークショップ内容】
プロジェクトの敷地条件・建築計画内容を踏まえて 仮設計画を検討し、想定工事期間を設定する

 

注1) 第3講座の会場は、建築会館の301+302号会議室です。建築会館の場所は、左メニューの「会場」で確認下さい。
注2) 昼食の時間は13:00~13:40の40分ですので、できるだけ弁当等をお持ち下さい

 

2017年11月12日(日) 「設計者選定とデザインマネジメント実践演習」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00) 


 講師紹介
koushi-kajiura
梶浦 久尚(かじうら ひさなお)

CBRE株式会社プロジェクトマネジメント部 部長

<経歴>
 1996年3月 東京工業大学建築学科卒業
 1998年3月 東京工業大学情報理工学修士取得
 1998年4月 大成建設株式会社入社
 2012年9月 英国 King's College London 『建設法と紛争解決』修士取得
 2013年1月 オートデスク社入社、BIMビジネスディベロップメントエグゼクティブ
 2014年9月 CBRE株式会社プロジェクトマネジメント部にて
   主に外資系クライアントプロジェクトに従事
 2015年9月~現在 同社プロジェクトマネジメント部 部長

<資格、所属団体等>
 一級建築士、一級施工管理技士、英国チャータードシビルエンジニア、英国チャータードアービトレーター

 


 カリキュラム紹介

講義内容:設計者選定

プロジェクト成功の為には、プロジェクトの特性を理解し、プロジェクトデリバリーの全体体制(プロジェクトのグラウンドデザイン)を組成する事が重要です。その中でもプロジェクトの主要プレーヤーである設計者は、プロジェクト組成時から、設計期間中、調達期間中、工事中、完了後に至るまで様々なフェーズで重要な役割を果たします。その設計者の適切な選定がプロジェクト成功への鍵の一つであることは間違いありません。

設計者といっても一社で全ての設計行為を行うわけではありません。構造設計者・インテリアデザイナー・ライティングデザイナー・ランドスケープデザイナーなど様々なプロフェッショナルが登場します。CMrには適切なプロジェクトチームを構成する能力が求められます。ある特定のプレイヤーや会社に過度のリスクを負わせすぎない事、適切な責任・リスク分担を行う事、それらを効率的に機能させる明確な業務区分を設定する事など、契約を通じはっきりさせる事が必要です。

時代の変化と共に、プロジェクトも多様化しており、様々な引き出しを持つ事が必要となります。又国際的な仕事の進め方を求められる状況も存在すると思います。今回のスクールにおいて、幾つかの具体的ケースを想定しつつ、最適なプロジェクトチームの組成についてワークショップを通じ考えて行きたいと思います。

 

■ 午後の部 (13:40~16:40) 


 講師紹介
koushi-kinoshita
木下 雅幸(きのした まさゆき)

株式会社山下ピー・エム・コンサルタンツ
取締役 常務執行役員 事業推進本部長

<経歴>
1994年:株式会社 山下設計入社
  意匠設計部門にて、高層テナントオフィスビルを得意とし、
  数多くのプロジェクトの中心的役割として活躍
2006年 大手生命保険会社不動産投資グループ
  アセットマネジャーとして、新規開発物件の投資検討から新築、
  稼働投資物件のバリューアップ、CRE戦略構築等、不動産投資に従事
2009年より現職
  矢崎部品ものづくりセンター(新築+改修)、
  昭和薬科大学附属高中一貫校新築計画(グッドデザイン賞受賞)
  ボートレース振興会本部ビル
  日本サッカー協会ナショナルトレーニングセンター、 
  他多数のプロジェクトに従事

<資格>
 一級建築士、認定コンストラクションマネージャー(CCMJ)、ビル経営管理士

 


 カリキュラム紹介

講義では、発注者のニーズを形に変える設計段階に、CMrとしてどのような視点からプロジェクト全体をプログラム化し、プロジェクト全体をデザイン、マネジメントするか、また発注者が日常的に迫られる意思決定をどのように支援し、スムーズなプロジェクト運営を行うか、CMrの取組みの姿勢からマネジメントツール等、実務上のポイントを学びます。

 講義内容(予定)

  1.設計段階のCMrの役割
  2.設計段階のプロジェクトプログラムの考え方
  3.CMrによる発注者要求事項の確認とマネジメント

 

注1) 第4講座の会場は、建築会館の301+302号会議室です。建築会館の場所は、左メニューの「会場」で確認下さい。
注2) 昼食の時間は13:00~13:40の40分ですので、できるだけ弁当等をお持ち下さい

 

2017年12月3日(日) 「実務者のためのコストマネジメント」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00) 


 講師紹介
koushi-iwasaki
岩崎 力(いわさき りき)

株式会社 久米設計 コストマネジメント部 主管

<経歴>
 1995年3月 法政大学工学部建築学科 卒業
 1995年4月~ 茜建築コンサルタント株式会社 (積算部所属)
 1998年1月~ 株式会社 久米設計 積算部(現:コストマネジメント部)

コストマネジメント・積算業務に従事し、住宅・業務・商業・教育・医療・生産・流通・福祉・宿泊・庁舎・スポーツ施設・・・概ねの用途 及び 日本全国区の案件を経験、また 公共・民間案件問わず携わり、双方のスキームや再開発・補助金対応等々でのコスト・積算業務においては広義にわたり行っており、その経験をもとにCMr主担当としてもプロジェクトに参画している。

<主な業績>
 2015年CM選奨(SGリアルティ柏A・B棟新築工事 CM業務 約246,500㎡)
 2015年 日本建築積算協会 創立40周年記念大会
     パネルディスカッションパネラー 「“チャレンジ”未来に向けて」

<資格、所属団体等>
 一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー、建築積算士、日本CM協会 試験委員会委員

 


 カリキュラム紹介

講義内容:チームで行うコストマネジメント

「コストマネジメント」は、プロジェクトを円滑に進めるうえで非常に重要であり、ゆえにチームで行う視点がポイントとなります。いうなれば、「チームマネジメント」がカギとなります。

一般的に各フェーズでの概算、モニタリング、VE手法等、コスト担当が行っていますが、東日本大震災やオリンピックなど取り巻く環境の中で、多様な入札契約方式(DB,ECIなど) の推進により公共工事案件のスキームの変革からコストマネジメントにおいても困難に見舞われています。コスト関連業務からの問題は予算超過、不調・不落だけでない影響を理解し、プロジェクトを円滑に進めるための新たな視点を身に着け、官民問わずCM業務に生かすことを学びます。

ワークショップにおいては、事例に基づき各種問題点・課題を整理し、その対処策、逆に事前対応策を発注者に提案することができるかなど、実践演習を通して考えていきたいと思います。

 

■ 午後の部 (13:40~16:40) 


 講師紹介
koushi-itou
伊藤 一義(いとう かずよし)

株式会社日本設計 PM・CM部 副部長

<経歴>
 1983年 芝浦工業大学建築工学科卒業
 2008年 株式会社日本設計入社

<主な実績>
 2009年 大手町業務ビル計画PM支援業務
 2011年 地方百貨店新館計画CM業務
 2012年 建材メーカー東京本部移転PM業務
 2012年~ 都内再開発事業施設建築物設計コスト管理
 2016年~ 事業準備支援業務、DBアドバイザリー業務
 2017年~ オープンブック・コストプラスフィー方式CM支援業務

<学会発表>
・2013年 日本建築学会大会(北海道)建築社会システム部門パネルディスカッション、「発注者も受注者も納得する建築コストとは ~品質と労働環境を考慮したコストマネジメントのあり方~」主題解説「設計者のコスト管理」
・2016年 日本建築学会大会(九州)建築社会システム部門パネルディスカッション「コストマネジメントの現状と課題 ~コスト認識の差異と改善を探る~」主題解説「設計者のコストマネジメント」

<資格>
 一級建築士、認定ファシリティマネジャー、建築コスト管理士、建築積算士、BSIプロジェクトマネジャー


 カリキュラム紹介

講義内容:リアルタイム・コストモニタリング

複雑化していく建設プロジェクトでは、クライアントのコストに関する要望に応え計画案を策定するには、計画の進捗に合わせて時間的なロス無く、コストに関する意思決定を行うことが必要となります。この様な現状に対してコストメネジメントを実施していくには、リアルタイムにコストのモニタリングを行い、課題の把握・問題解決の提案を行うことが重要となります。

本講座では、リアルタイムにコストのモニタリングを実施するための手法・業務内容と、これを実施するための業務体制・役割分担及び関連する技術・知識等を講義いたします。

ワークショップでは、実際の建設プロジェクトを想定し、業務条件・要求事項・課題を設定し、コストマネジメントとして何が出来るのか検討・提案を行って頂きます。加えて、その検討・提案内容について受講者の皆様で意見交換等を行い、コストマネジメントの実施における課題を検証し、実務における応用知識として頂きたいと思います。

 

注1) 第2講座の会場は、建築会館の301+302号会議室です。建築会館の場所は、左メニューの「会場」で確認下さい。
注2) 昼食の時間は13:00~13:40の40分ですので、できるだけ弁当等をお持ち下さい

 

2017年10月15日(日) 「よくわかるCM業務提案術」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00) 


 講師紹介
koushi-hattori
服部 裕一(はっとり ゆういち)

日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社 取締役

1993年 京都大学大学院 工学研究科建築学修了
1993年~ 日建設計 設計部
2001年~ 日建設計 FMS室 → バリューマネジメント室
2007年~ 日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社に転籍

 

 

<資格>
・認定コンストラクション・マネジャー
・認定ファシリティマネジャー
・プロジェクトマネジャー・スペシャリスト
・一級建築士
・一級施工管理技士

日本CM協会関西支部幹事
日本CM協会活性化準備委員
日本CM協会試験委員 試験実施小委員会委員


 カリキュラム紹介

講義内容:「よくわかるCM業務提案術」

CM業務を受託し、これを円滑に遂行し期待される成果を得るためには、はじめに“発注者の想い”を理解しながら、「的を射た提案」と「効果的なプレゼンテーション」が必要になります。
提案力とプレゼンテーション力は、CM業務を勝ち取るためだけではなく、プロジェクトを通してCMrには絶対的に必要なスキルであるとも言えます。つまり、プロジェクトが置かれている状況を的確に判断し、いかに発注者 の“こころ”に届く提案・プレゼンテーションを行うという事が、CMrとして成功を収める鍵となる訳です。

本講義では、効果的なCM業務提案・プレゼンテーションに関する基礎知識と、さらに一歩踏み込んだ発注者の心をつかむ具体的な提案術を学んで頂きます。

そしてワークショップでは、プロジェクト発注方式に関する選択肢を概説した上で、“発注者の想い”にそった最適なCM方式を提案するケースや、プロジェクト関係者の要望が不明確だったケースなど、複数のシナリオに対して各グループで戦略を立てて、CM業務提案・プレゼンテーションを行う実践演習をして頂きます。

 

 

■ 午後の部 (13:40~16:40) 


 講師紹介
koushi-saito2
齋藤 仁 (さいとう ひとし)

株式会社NTTファシリティーズ グリーンITビルビジネス本部 本部長

1991年 北海道大学大学院工学研究科修了
1991年~ 日本電信電話㈱(以下NTT)入社
1992年~ NTTから分社したNTTファシリティーズに勤務
2006年~ NTTファシリティーズ CM部
2013年~ NTTファシリティーズ関西事業本部 営業本部
2016年~ 現職

 

<資格>
・認定コンストラクション・マネジャー
・認定ファシリティマネジャー
・一級建築士
・一級施工管理技士
・建築積算士

日本CM協会機関誌小委員会委員長


 カリキュラム紹介

講義内容:「CMr募集要項書から読み解く効果的なCMプレゼンテーションとは」

CM業務の受託は、発注者が提示するCMr募集要項書にしたがってCM業務提案書を作成するところから始まります。 そして、魅力的なCM業務提案書を作成し、効果的なプレゼンテーション を行える事で業務の受託に結びつけていきます。

本講義では、CMr募集要項書の内容を読み解き、発注者の要望を的確に掴んだ上で、魅力あるCM業務提案書に結び付けていく為のポイントについて学んで頂きます。

ワークショップでは、具体的な事例を引用して設定されたCMr募集要項書に対して、各グループで様々な角度から検討・討論して頂き、魅力あるCM業務提案書を作成して頂きます。
その後に作成頂いたCM業務提案書を使い実際にプレゼンテーションを行って頂きます。それらをお互いに講評することにより、「勝てるCM業務提案」について学んで頂くワークショップとなっております。

昨年までの基礎的な講座からランクを上げ、既にCM業務を実務の中で行っている方を対象とした、さらに一歩踏み込んだ内容での講座となっております。