(CMガイドブックからの抜粋を整理して、掲載致しました。詳細につきましては、CMガイドブックをご覧下さいますようお願い致します。)

 CMとは日本語に訳せば工事管理であり、品質、工程、コスト等をいかに所期の目標どおりに達成するかの管理であり、技術のことである。しかしながら、プロジェクトを実施する方式としての「CMとは」を理解していくことが必要である。

 

■ CM方式の定義

 CM方式はアメリカで確立したプロジェクト実施方式であり、プロジェクトの工期遅延、予算超過などを防止するため、マネジメントを専門に行うCMr(コンストラクション・マネジャー)が、発注者、設計者と一体となってプロジェクトの全般を運営管理する方式である。

  職能分化や機能分散が進み、個々の調整を進めることよりも、プロジェクト全体をより統合的にマネジメントすることが求められ、さらには、コンプライアンス 注や情報公開などの認識が社会的に進むにつれ、建設プロジェクトにおいても、より透明性を高める発注者ニーズが高まってきている。
 そのため、 「設計者」や「施工者」といった従来の利害関係者がプロジェクト全体をマネジメントするのではなく、第三者性を持つ専門職がその役割を担うことが求められ るようになってきた。この専門職がCMrであり、CMrが参加してプロジェクトを実施する方式がCM方式といえる。アメリカのCM協会でも、CM方式を 「建設プロジェクトのマネジメント方式」と解釈し、「CM方式は、特定の入札・契約方式ではなく、建設プロジェクトのすべての段階に適応可能な専門的マネ ジメント技術」と位置づけている。つまり、時代の変化と多様な発注者ニーズに合わせて常に進化する「従来方式に代わるプロジェクト実施方式 (Alternative project delivery method)」としている。しかしながら、CM方式先進国のアメリカでもCMの定義は一様でなく、柔軟な考え方であることを十分に認識しておく必要があ る。「分離発注方式=CM方式である」といった単純な数式にはならない。

 また、CM方式は、工事費の保証といった工事に関するリスクの 取り方によって、「ピュアCM方式」と「CMアットリスク方式」に大別される。わが国では、圧倒的に前者の採用が多く、単に「CM方式」という場合は、 「ピュアCM方式」であることが多い。違いについては、後述する。
注)法令を遵守すること、または、その管理体制を構築すること。

 

■ プロジェクト発注の選択肢

 CM方式がプロジェクト実施方式であると説明したが、まず、建設プロジェクトの発注方式は次の三つの要素で構成されている。

 

○ 入札方式(Tendering)
 発注方式における設計者や施工者選択プロセス。入札方式には、指名競争、一般競争、2段階競争入札などがある。
 

○ 契約方式(Contract)
 発注者のリスクヘッジの度合いを示す。契約方式には、一括請負契約、最高限度額保証付き契約、単価契約などの、いわゆる請負金額設定のための方法などがある。


○ プロジェクト実施方式(Delivery)
 プロジェクトごとのValue for Moneyを高めるための方法。プロジェクト実施とは、設計施工分離発注方式、デザインビルド、CM(コンストラクション・マネジメント)方式など、プロジェクトを進めるうえでの方法を指している。

 

 これら3つの要 素の組合せにより、多様な発注方式となる。当然ながら、発注方式の選択は、建設プロジェクトの特徴や発注者ニーズによるところが大きい。わが国では、主な 発注方式は、指名競争または一般競争により選択された業者と一括請負契約を締結し、設計施工分離発注を行うか、もしくは設計施工一括発注を行うかの2種類 の選択しかなかった時代が長く続いてきた。 
 CM方式は、わが国の発注者に対し、その2種類以外の選択肢を提供するものであるといえる。
 「発注方式」は、一般的な言葉ではあるが、日本CM協会では、入札方式、契約方式、プロジェクト実施方式の組合わせからなるものとして定義し、共通の理解のベースとしている。

 

■ CM方式の基本的な特徴

 CM方式では、 CMrは、発注者との間に契約を締結し、技術的な中立性を保ちつつ発注者の側に立って、設計・発注・施工の各段階において、設計の検討や工事発注方式の検 討、工程管理、品質管理、コスト管理などの各種のマネジメント業務の全部または一部を行うものである。すなわち、設計者や施工者と別に契約を結ぶことにな る。
 このようなCMrの業務に対し、今のところ、直接の公法的規制はなく、法律的な義務や責任の中心は契約に基づく(準委任行為)と考えられて いる。所定のCM業務を実施できなければそれに応じて損害賠償義務などが生じることになるわけである。よく、「CMrは責任を取らない」と言われるが、 ピュアCM方式の場合、工事費の保証といった工事に関するリスクを取らないことと、責任を取らないことと誤解されているからだと思われる。

 また、工事契約の契約関係にも特徴がある。すなわち従来の総合工事業者による一式請負方式では発注者と専門工事業者(一式請負の下では下請負業者となる)が間接的な契約関係であるのに対して、CM方式では発注者と専門工事業者が直接契約を締結することができる。

 このような直接の契約関係を締結することによって、発注者にとってコストの透明性が増し、ひいては経済的な工事の可能性を高めることができるとされる。

 

image003

 

■ ピュアCMとCMアットリスク

 CM方式の基本的特徴のページで、CMrの業務を準委任行為として説明した。この方式は、ピュアCMと呼ばれているが、CM方式の全てを説明しているわけではない。ピュアCM方式から、発展して、CMアットリスクと呼ばれる方式もある。

 CMrが、最高 限度額を保証する条項(GMP:Guaranteed Maximum Price)や工期を保証する条項を契約に含めたり、あるいは工事完成保証を差し入れたりする場合がある。工事金額等についてCMrがリスクを取ることに なり、CMアットリスク方式と呼ばれる。現在の米国では、このCMアットリスク方式が採用される機会が多い。このような場合でも専門工事業者の契約がガラ ス張りにされることは変わらないが、CMrが契約先の選定を行うなど、総合工事業者に近いような形態をとる。

 

image004

 

■ プロジェクト実施方式とリスクの関係

 リスクは、基本 的にプロジェクト実施方式において、発注者と請負者の間において決定されている。たとえば、デザインビルド方式は、より請負者のリスクが大きく、CM方式 は、より発注者のリスクが大きい。CM方式において、このリスクが大きい事実が同時にコスト高となるのではなく、逆に、発注者がリスクを負担した分、施工 者にとってはリスク分をコスト負担することがなくなり、結果として、コストミニマムであり、フレキシビリティに富むなど、発注者の便益も大きくなってく る。それに対し、デザインビルドは、施工者のリスク負担が大きく、施工者にとっては決められた金額の中で、利益を出しやすい半面、発注者はCM方式に比 べ、コスト高になる可能性が高い。
 要するに一般的に、発注者リスクが大きければ大きいほど、価格は低くなる傾向にあり、逆であれば、価格が高くなる。これらの関係を模式的に示したのが、次の図である。

 

image005

実施方式とリスク分担の関係

(参考:Contract Strategies and the balance of risk (CUP(1993)))

 

プロジェクト実施方式によって、リスクの考え方に幅があることが、発注者に理解されることが必要になる。

 

■ CM方式における施工体制

 CM方式では、従来の請負契約と異なり、柔軟な施工体制を取ることが出来る。
 以下は、「地方公共団体のCM方式活用マニュアル試案」で類型として示された、施工パターンである。一括発注するパターン①、分離発注を伴うパターン②および③の契約関係を示したイメージである。
 実際のCM方式が採用されたプロジェクトではこれらのバリエーションにとどまらず、ケースバイケースで異なる多くの変型が出現している。


○ 施工パターン①
 CM方式においても工事を分離発注することなく、優秀な技術力を有する総合工事業者をそのまま採用するパターン。

image006

○ 施工パターン②
 設備工事を分離発注して、建築工事を一括発注するパターン。分離発注という観点からは、官公庁が発注する工事と類似した体制となる。

image007

○ 施工パターン③
 建築工事も、中工種あるいは小工種毎に発注し、総合建設業者を含まないパターン。わが国では大規模工事には殆ど使われたケースはないが、小規模工事、住宅工事、内改装工事等では使われている。

image008