nakaikaityou    日本コンストラクション・マネジメント協会(日本CM協会・CMAJ)は2001年4月に設立、CM生産方 式とコンストラクション・マネジャー(CMr)という職能を確立させ普及することを目的として活動を進めてきました。協会設立当時、日本においてCM生産方式は未だ一般的ではありませんでしたが、会員はじめ関係の方々の努力のもとに、民間企業プロジェクトを中心に、不十分ながらも少しづつ、認知されつつあるのが現状です。少子高齢化が進行する成熟社会にあって、建設にかかわる経済状況は必ずしも拡大基調ではありませんが、一方で説明責任や透明化というプロセスの明確化が社会的な基調ともなる中で、CM方式への期待はますます拡大しています。また、公共プロジェクトにおいても公共工事品確法や国土交通省による多様な入札契約方式の推進の動きに合わせて、CM方式は明確に位置付けられることとなり、地方自治体や公共団体へも広がりをみせています。このような状況下で、私たちが推進するCM方式は、今まさに求められているのです。また、建設にかかわる枠組みの流動化と、クライアント・設計者・施工者の関わり方の多様化とともに、建設プロセスの最適化と、品質・スケジュール・費用を最も望ましい方向に導くべきCM業務への期待とその責任も拡大しています。私たちは広がりつつあるこのCM方式を、高い品質で、社会からも信頼されるものとして磨き上げていく必要があるのです。
 これまで協会は、2005年に認定CM資格・CCMJ制度をスタートし、あわせて倫理規定や資格者継続教育CPD制度を整備し、その基礎となる教本・CMガイドブックの発行、CMスクール開講などを行い、並行してCM業務委託契約約款・委託書の発行、CM賠償責任保険の普及をすすめてきました。また、CMフォーラム、講演会・講習会などに加え、会員向けの情報受発信の役割を持つ機関誌の発行なども展開しています。更に、CM事例の普及の意味からも、2013年からはCM選奨の選定・表彰も続けています。協会は、これらの活動を通じて、更に広くCM方式の普及と向上を図っていく必要があります。

 日本CM協会はCM事業者のみならず、広くCMにかかわる様々な立場の人たちによる、日本で唯一の、CM方式の普及・発展を目指す法人です。より広範な方々に協会に加入いただくことで、ますます広がりつつある、また拡大すべきCM方式とCM業務の信頼できる高い品質での展開を共に担っていただけるようお願い申し上げます。

一般社団法人日本コンストラクション・マネジメント協会  会長 中井 進