CMスクールの第3講座「設計者選定とデザインマネジメント実践演習」を11月12日に開催し、34名の皆様に受講して頂きました。

午前は、シービーアールイー(株)の梶浦久尚様を講師にお招きし、プロジェクトの目的に合わせて複数の設計者やコンサルタントをどのように束ねチームを組成するか、また、これらの設計者等の選定を行う際に要項書に盛り込むべき事項等について、海外も含めた具体的な事例を交えて解説頂きました。

午後は、(株)山下ピー・エム・コンサルタンツの木下雅幸様を講師にお招きし、設計者に発注者の想いや設計要件を伝達するためのプログラミングの重要性と実施方法、また、設計者の提案する設計図書に対してCMrがどのような視点で具体的な確認を行い、また課題解決のための情報整理を行うか、解説頂きました。

両講師とも、多くのコンストラクションマネジメント業務を経験されており、CMrの心構えから実践的な内容まで幅広い内容で講義・ワークショップが実施され、受講者の方の実務に役立てる内容の講座となりました。
参加者の皆様には、本講座で学んだ内容を更なるスキルアップに繋げて頂き、今後も実務にお役立て頂ける事をご期待申し上げます。

re01 re02 re03 re04

 

アンケート集計結果

en01