日本CM協会はこの度韓国CM協会(CMAK)との長年の協力関係をより明確にするためMemorandum Of Understaningを締結し、今後より堅固な協力関係を築くことに同意いたしました。

CMAK CMAJMOU20181221 Web

(以下、本文の和訳)

前文,i
1. CMAKとCMAJは5年間パートナーシップを維持している。
2. CMAKとCMAJは、自国および国際的な市場におけるコンストラクション・マネジメント業界の成長と、また標準的な業務手順の策定と普及促進に共に関心を持っていることに同意する。
3. CMAKとCMAJは、相互信頼と協力が双方の組織に利益をもたらすことに同意する。

このため、
CMAKとCMAJは、コンストラクション・マネジメントと関連する建設業界の活動を促進するため、以下の条項に記載のとおり、友好的に協力する正式な関係を樹立することに同意する:
1. 両者は、建設システムおよび市場動向に関する情報およびデータを共有するものとする。
2. 両者は、それぞれの国および他の関心のある国での建設プロジェクトにおいて両組織に所属するメンバーの営業活動(business promotion)に協力する。
3. 両者は、相手方の許可なく、相手方の名前を使用したり相手方を代表したりしてはならない。
4. 両者は、両社が共同で参加するコンストラクション・マネジメントに関する会議、セミナー、訓練/教育プログラムを選定するための検討を行うことに同意する。
5. 両者は、それぞれの建設業界の組織とそのメンバーとの交流や協力を含め、合意の可能性のある他の相互の関心事項について協力することに同意する。

両者は、この協定を実施するために、各協会の1人のメンバーを任命し互いに協力することに同意する。両者の管理組織は毎年このMOUのレビューを行い、関係の改善に寄与する変更点があれば相手方に通知する。両者いずれもこのMOUの変更を提案することができる。
このMOUは、一方の当事者がこのMOUの終了を要求しない限り有効である。
上記の証として、両者は2018年12月21日にこのMOUに署名する。