第84回CMAJフォーラムが7月31日(火)に開催されました。明豊ファシリティワークス株式会社の原村智行様を講師に招き、CM選奨2018で最優秀賞を受賞した、『レゴランド・ジャパンプロジェクト』についてお話しいただきました。CM専門会社、設計事務所、総合工事会社、不動産・金融関連所属の会員を中心に59人の方にご参加いただきました。


 講演内容は、発注者側PMRのプロジェクト紹介VTRからスタートし、海外事業者とCMRが言語や商習慣、法令などの違いを乗り越え、緊密に連携して、工期・コスト・品質を目標通り達成された様々な手法の紹介を頂きました。特に予算内に完成させるため、欧米と日本のコスト構成の違いを何度も角度を変えて検証されていました。プロジェクトの戦略的なパートナーとして発注者とともに、先の展開を読み、常に先手を取ったリスク回避や低減を密に行っていくことが大切であり、CMRの役割であると再認識しました。


意見交換会にも20名近くの方がご出席になり、講演では聞けなかった内容も含め、積極的なディスカッションと会員間の意見交換が行われ、盛況のうちに幕を閉じました。

 

84