2017年度
認定コンストラクション・マネージャー資格試験
受験案内書

  

試験実施日 2017年8月27日(日)
試験会場 仙台・東京・名古屋・大阪・福岡

 

目  次

§1. 概要
§2. 受験資格
§3. 受験申込み
§4. 試験内容
§5. 資格登録
§6. 登録更新
試験会場案内図

一般社団法人 日本コンストラクション・マネジメント協会

■受験案内書(PDF)

§1.概要

 一般社団法人日本コンストラクション・マネジメント協会(以下「日本CM協会」という)は、「CM方式」の普及を通じて「健全な建設生産システムの再構築」と「倫理感をもったプロフェッショナルの育成を図ること」を目標として、2001年4月に設立されましたが、本年も次の4つを目的として、「CM方式」の担い手であるコンストラクション・マネジャー(以下「CMr」という)を認定する資格試験を実施致しますので、以下にご案内致します。資格を取得された多くのコンストラクション・マネジャーが活躍されて、CM方式の普及に繋がることを祈念致します。

1) 日本におけるCM 職能の適切な発展・普及に寄与する。
2) CM 職能を目指す人の指針となる。
3) CM に関する教育のガイドに寄与する。
4) CM 市場の適正な発展に寄与する。

 尚、国土交通省が2002年2月に策定した「CM方式活用ガイドライン」では、「CM方式」とは、「建設生産・管理システムの一つであり、発注者の補助者・代行者であるコンストラクション・マネジャーが、技術的な中立性を保ちつつ発注者の側に立って、設計・発注・施工の各段階において、設計の検討や工事発注方式の検討、工程管理、品質管理、コスト管理などの各種のマネジメント業務の全部又は一部を行うもの」と定義されております。

1-1.試験種別

CCMJ(Certified Construction Manager of Japan)
建設のプロフェッショナルとしての経験を有する者に対して、知識試験と能力試験を実施して、CM業務をなしうる者を合格とする。
ACCMJ(Assistant CCMJ)
応募者に対して、CCMJ と同様の知識試験を実施して、CM 業務を行うために必要な知識を有する者を合格とする。

注)CCMJ: Certified Construction Manager of Japan, ACCMJ: Assistant CCMJ

 

1-2.資格取得までの流れ

 

試  験    受験申込受付

2017年5月8日(月)~2017年6月30日(金)

 
 

受験資格の審査結果と受験票の発送

2017年7月28日(金)
 
  試験実施

2017年8月27日(日)

(仙台・東京・名古屋・大阪・福岡)

 
  合格発表

2017年10月10日(火)

(合否結果及びCCMJ合格者への登録申請書類送付)

   
登  録

(CCMJのみ)

  CCMJ登録申請受付

2017年11月6日(月)~2018年2月16日(金)

 
  CCMJ資格者証の交付

2018年4月上旬

 

§2.受験資格

2-1.CCMJ

次の受験資格A~Dのいずれかに該当する者のみが受験できます。
虚偽の申請が判明した際は、試験合格は無効になり、また、登録資格は抹消されます。

(1) 受験資格-A

次に示すいずれかの有効な資格を取得している。

①一級建築士
②1級建築施工管理技士
③1級土木施工管理技士
④1級電気工事施工管理技士
⑤1級管工事施工管理技士
⑥技術士(建設部門、上下水道部門、衛生工学部門、電気・電子部門、総合技術監理部門)
⑦建築設備士

(2) 受験資格-B

表1のイ欄の最終学歴に対応したロ欄に掲げる年数以上の実務経験(下記参照)を有する。

 表1 最終学歴に対応して要求される実務経験

(受験資格B-1)
指定学科(注)の卒業者
(受験資格B-2)
指定学科(注)以外の卒業者
4年制大学 実務経験6年以上 実務経験8年以上
短期大学、5年制高等専門学校 実務経験8年以上 実務経験10年以上
高等学校 実務経験12年以上 実務経験14年以上
その他 実務経験15年以上

 

  注)指定学科: 以下のURLを参照し、該当する学科を検索して下さい。

㈶建設業振興基金(建築関連施工管理技士試験)
http://www.fcip-shiken.jp/html/1kenshiteigakka.html

日本建設情報センター(土木関連施工管理技士試験)
http://www.cic-ct.co.jp/course/civil/#qualification

㈶建築技術教育普及センター(建築士試験)
http://www.jaeic.or.jp/shiken/jukenshikakuyoken/kmk-gkitiraninfo/kmk-1k_kkk/index.html

表2 実務経験として認められる業務 - 建設及び開発行為に関わる業務

 Tabel02

(3) 受験資格-C

ACCMJ試験合格後、8年以上の実務経験(表2参照)を有する方。 知識試験から受験が必要。

(4) 受験資格-D

過去のCCMJ受験者で、知識試験のみ合格しACCMJの認定を有する方で、合格後3年以内の方 (知識試験は免除、午後からの能力試験のみ受験) 。

2-2.ACCMJ

特に、受験資格は問いません(どなたでも受験できます)。

 

 §3.受験申込

3-1.受験申込方法

(1) 電子申請する場合

日本CM協会ホームページから、受験申込書のエクセルファイルをダウンロードし、必要事項を記入したエクセルファイルと「3-3.受験申込みに必要な書類」を添付して、eメールにて、日本CM協会へ申請してください。

メール受付期間:2017年5月8日(月)~2017年6月30日(金)

メールの宛先 :このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

(2) 郵送で申請する場合

簡易書留郵便により、「3-3.受験申込に必要な書類」に掲げた書類を、表3に基づいて送付して下さい。

表3 受験申込に必要な書類の送付方法

受付期間 2017年5月8日(月)~2017年6月30日(金)
宛先 一般社団法人日本コンストラクション・マネジメント協会
試験委員会事務局
送付先 〒108-0014
東京都港区芝五丁目26番20号 建築会館6階
注意事項 1)締切日の消印があるものまで有効です。

2)2名分以上の同封郵便はお断りします。

3)受験申込みに必要な書類に不備があるものは受付けません。

4)料金別納郵便および料金後納郵便は締切日までに到着したものに限り受け付けます。

5)料金受取人払い郵便および料金着払い郵便はお断りします。

 

3-2.受験手数料

表4 受験手数料(消費税含む) 

  日本CM協会会員 日本CM協会非会員
一般 CCMJ 25,920円 36,720円
18,360円(ACCMJ合格後、3年以内) 28,080円(ACCMJ合格後、3年以内)
ACCMJ 15,120円 23,760円
学生 CCMJ 20,730円 29,370円
14,680円(ACCMJ合格後、3年以内) 22,460円(ACCMJ合格後、3年以内)
ACCMJ 12,090円 19,000円
注意事項 1) 受験申込みの際に、協会入会手続きと会費納入が完了されている方は、日本CM協会会員として扱われます。また、受験申込み時に入会申込みを同時に行なう場合も、会員扱いとします。その場合は、受験申込み時に入会申込書と誓約書も一緒に提出してください。(電子申請の場合は、スキャンしPDF等で提出願います)

2) 団体会員企業所属の受験者は、受験料を会員と同額とします。

3) 次の場合には、受験料から3,000円(「3-4」参照)を控除した金額を郵便為替により返還します。

a) 「受験資格」審査の結果、「受験資格なし」と判断された場合

b) 「受験申込に必要な書類」審査の結果、「不備である」と判断された場合

4) 一旦収納した受験料は、当協会の責により試験を受けることができなかった場合を除き、返還しません。

5) 学生料金にて受験する場合は、申込み時に学生証の写しの提出が必要です。

※学生向け受験料の対象者:

大学(短期大学および大学院を含む)、高等専門学校および高等学校の「正規の課程」「別科」「専攻科」に在籍している者で、「特別の課程」(履修証明制度)における学習者、その他研究生・聴講生・科目等履修生などは含まない。

 

■団体会員企業リスト

表4に示す受験手数料(消費税含む)を、必ず受験者名で個人別に、下記ゆうちょ銀行の振込口座に払い込んで下さい。振込手数料は受験者負担です。
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番019
店名〇一九店(ゼロイチキュウ店)
預金種目:当座
口座番号:0685354
名義カナ:シケンイインカイ

「ご利用明細書」の“写し“は、受験申込に必要な書類です。「3-3.受験申込みに必要な書類」に基づいて送付願います。

<郵便局で郵便振替用紙を利用する場合>

窓口に備付の払込取扱票に下記の例のように記入し、窓口又はATMからご送金ください。振込手数料は受験者負担です。

Clipboard01 20170424

「振替払込請求書兼受領証」の“写し“は、受験申込に必要な書類です。「3-3.受験申込みに必要な書類」に基づいて送付願います。

原本は、お支払いした証拠になるものですので、証明する必要がなくなるまで大切に保管しておいてください。

3-3.受験申込に必要な書類

(1)電子申請する場合

日本CM協会ホームページから、下記のエクセルファイルをダウンロードし、必要事項を記入したエクセルファイルと、その他、以下に示す書類をPDF等にして添付し申込みください。エクセルファイルには、申込みに必要な様式が、収納されています。

CCMJ受験者 : 2017 CCMJ.xlsx

ACCMJ受験者 : 2017 ACCMJ.xlsx

申請の際は、上記ファイル名に、申請者氏名を追記して、"2017 CCMJ (申請者氏名).xlsx" 等に書き換えて送信願います。

1)受験申込書(様式1)エクセルファイル

ダウンロードした受験申込書(様式1)に、氏名、勤務先、受験希望地などの必要事項を記入した上で、表5に示す画像データを貼付けて下さい。

表5 受験申込書(様式1)に貼付けるもの

写真1枚(画像データ)
  a)最近6か月以内に撮影したもの

b)脱帽、無背景、正面から上半身を写したもの

c)カラーか白黒かは問いません

 

2) 受験資格及び受験手数料の区分を証明する書類

「§2.受験資格」に記載した受験資格を証明する書類として、表6に示す書類を、PDF等にして添付して下さい。学生料金を申請される方は、学生証の写しも添付して下さい。

表6 受験資格及び受験手数料の区分を証明する書類の種類と提出方法

CCMJの「受験資格-A」による場合
  A1 受験資格として認められた資格の資格者証の写し
    a)受験資格として認められた7種類の資格の内、いずれか一つの資格者証の写し。
  A2 学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は添付して下さい。

 

CCMJの「受験資格-B」(B-1,B-2共通)による場合
  B1 卒業証明書の写し
    a)実務経験が15年以上ある方は不要です。
  B2 学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は添付して下さい。
  B3 実務経験シート(様式2) エクセルファイル
    a)受験資格として求められている年数の実務経験を実務経験シート(様式2)に記入して下さい。

  

CCMJの「受験資格-C」による場合
  C1 ACCMJ合格証の写し
    a)知識試験の受験が必須となります(合格後3年以上経過のため)。
  C2 学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は添付して下さい。
  C3 実務経験シート(様式2)
    a)受験資格として求められている8年以上の実務経験を実務経験シート(様式2)に記入して下さい。

 

CCMJの「受験資格-D」による場合
  D1 ACCMJ合格証の写し
    a)知識試験が免除されます(合格後3年以内まで)。
  D2 学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は添付して下さい。

  

ACCMJを受験する学生
    学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は添付して下さい。

 

 3)受験手数料の支払いを証明する書類

 「振替払込請求書兼受領証」または「ご利用明細書」の写し
  a)受験手数料を納付した際に発行されたものを添付して下さい。

 

(2)郵送で申請する場合

下記の提出用紙は、すべてA4版とし番号順にまとめて簡易書留にて郵送願います。

CCMJ受験申込書様式一式 ACCMJ受験申込書様式一式

1) チェックシート(様式0)

各提出書類に不備がないか確認してチェック欄□に○をつけた上で出願してください。

2)受験申込書(様式1-1)

受験申込書に、氏名、勤務先、受験希望地などの必要事項を記入した上で、表5に示すものを全面糊付で貼付けて下さい。

表5 受験申込書(様式1-1)表面に貼付けるもの

写真1枚(画像データ)
  a)最近6か月以内に撮影したもの

b)脱帽、無背景、正面から上半身を写したもの

c)カラーか白黒かは問いません

d)裏面に受験希望地と氏名を記入して下さい

 

3) 受験資格及び受験手数料の区分を証明する書類

「§2.受験資格」に記載した受験資格を証明する書類として、表6に示す書類を表6で指定された方法で提出して下さい。学生料金を申請される方は、学生証の写しも表6で指定された方法で提出してください。

表6 受験資格及び受験手数料の区分を証明する書類の種類と提出方法

CCMJの「受験資格-A」による場合
  A1 受験資格として認められた資格の資格者証の写し
   

a)受験資格として認められた7種類の資格の内、いずれか一つの資格の資格者証の写し(縮尺を変えないで下さい) 。

b)受験申込書(様式1-2)の所定欄に貼付けて下さい。

  A2 学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は、受験申込書(様式1-2)に貼付けて下さい。

CCMJの「受験資格-B」(B-1,B-2共通)による場合
  B1 卒業証明書の写し
   

a)実務経験が15年以上ある方は不要です。

b)受験申込書(様式1-2)の所定欄に貼付けて下さい。

  B2 学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は、受験申込書(様式1-2)に貼付けて下さい。
  B3 実務経験シート(様式2)
    a)受験資格として求められている年数の実務経験を実務経験シート(様式2)に記入して下さい。

 

CCMJの「受験資格-C」による場合
  C1 ACCMJ合格証の写し
   

a)受験申込書(様式1-2)の所定欄に貼付けて下さい。

b)なお、知識試験の受験が必須となります(合格後3年以上経過のため)。

  C2 学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は添付して下さい。
  C3 実務経験シート(様式2)
    a)受験資格として求められている8年以上の実務経験を実務経験シート(様式2)に記入して下さい。

 

CCMJの「受験資格-D」による場合
  D1 ACCMJ合格証の写し
   

a)受験申込書(様式1-2)の所定欄に貼付けて下さい。

b)知識試験が免除されます(合格後3年以内まで)。

  D2 学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は、受験申込書(様式1-2)に貼付けて下さい。

 

ACCMJを受験する学生
    学生証の写し
    a)学生料金を申請される方は、受験申込書(様式1-2)に貼付けて下さい。

 

 3)受験手数料の支払いを証明する書類

 「振替払込請求書兼受領証」または「ご利用明細書」の写し
  a)受験手数料を納付した際に発行されたものを、様式3に貼付けて下さい。

 

3-4.受験資格の審査結果と受験票の発送

受験資格の審査結果と受験票は、表7に示す通り、申込者に通知します。

表7 受験資格の審査結果と受験票の発送

発送日 2017年7月28日(金)
通知内容 1)受験資格「あり」と判断された場合は、受験票を送付します。

2)受験資格「なし」と判断された場合は、その旨を通知します。

3)受験申込に必要な書類が「不備である」と判断された場合は、その旨を通知します。

4)上記の2)または3)に該当した場合は、納付された受験手数料から3,000円(受験資格と書類の審査料及び送金に要する費用)を控除した金額を郵便為替により返還します。

注意事項 1)送付された受験票は、試験当日、必ず試験会場に携行しなければなりません。受験票を忘れたり、紛失した場合は、試験を受けられませんので注意して下さい。

2) 受験票または受験資格がない旨の通知が2017年8月14日(月)を過ぎても届かない場合は、8月18日(金)までに日本CM協会事務局まで、ご連絡下さい。

3) 試験会場には、鉛筆・シャープペン・消しゴムを持参願います。フリクションペンなどの消せるペンの利用は認めません。

4) 台風接近による試験の中止および延期は、予定しておりません。

試験当日、あるいは試験前日に、台風等の影響により、公共交通機関の不通や遅れなどが生じた場合あるいは生じる可能性がある場合は、状況に応じて試験開始時刻を遅らせる措置をとる場合もあります。

試験当日の緊急連絡先は、受験票に記載しております。

 

 §4. 試験内容

4-1.試験期日と時間割

試験は、2017年8月27日(日)に表8に示す時間割に基づいて実施します。

表8 時間割

時  間 内  容 備  考
10:00~10:10 注意事項説明(10分) CCMJ受験者とACCMJ受験者
10:10~12:10 知識試験(2時間)
12:10~13:10 昼 食(1時間) CCMJ受験者のみ
13:10~13:20 注意事項説明(10分)
13:20~16:20 能力試験(3時間)

 ※CCMJの受験資格D(午前中の知識試験免除の方)は、13:10開始の注意事項説明からとなります。

 

 4-2.試験地と試験会場

(1) 試験地

次の全国5カ所のいずれかの内、受験者が受験申込書により希望する地域で受験できます。尚、試験地の変更は認められませんので、注意して下さい。

仙台・東京・名古屋・大阪・福岡

(2) 試験会場

試験会場は、表9を予定しておりますが、最終的に決定した試験会場は、2017年7月28日(金)に発送する受験票により通知します。

表9 試験会場の予定(詳細は記事下部の地図を参照して下さい)

試験地 試験会場  所在地
仙台

仙台市中小企業活性化センター

(旧ネ!ットU 仙台市情報・産業プラザ)

仙台市青葉区中央1-3-1
東京  フォーラムエイト  東京都渋谷区道玄坂2-10-7
名古屋 愛知県産業労働センター ウインクあいち  名古屋市中村区名駅4-4-38
大阪 大阪府建築健保会館 大阪市中央区和泉町2-1-11
福岡  福岡建設会館  福岡市博多区博多駅東3-14-18

 

4‐3. 試験の出題範囲

(1) 知識試験(CCMJとACCMJ)

知識試験は、CM業務を行うために必要な知識について、択一式を原則として約50問程度を出題します。出題範囲と主な内容は、以下の通りです。  また、ACCMJ合格者は、次の特別措置が受けられます。
(※ACCMJ合格者の特別措置;ACCMJ合格後3年以内に、「受験資格−A,B,D」によりCCMJを受験する場合は、知識試験が免除されます。)

2016年度の知識試験は、日本CM協会発行の機関紙第48号に試験問題及び解答を掲載しております。
尚、試験内容に関するお問い合わせには、一切応じられません。

 Tabel10

(2) 能力試験(CCMJのみ)

能力試験は、CM業務をなしうる能力について、表11に示す形式で出題します。
2016年度の能力試験は、日本CM協会発行の機関紙第48号に試験問題及び解答講評を掲載しております。
尚、試験内容に関する問合わせには、一切応じられません。

 Tabel11

 

4-4.合格発表と合格証の有効期間

CCMJとACCMJの合否判定結果は、本人に郵便で通知すると共に、表12のように発表します。
CCMJには不合格のCCMJ受験者で、知識試験のみに合格した者もACCMJ合格者とみなして発表し、ACCMJ合格証を発行します。2018年度以降にCCMJを受験する場合はACCMJ合格者として扱われますので、ACCMJ合格者の特別措置(4−3 (1) 参照)である、知識試験免除(合格後3年以内まで)の特典がそのまま適用されます。
尚、合否判定方法に関する問合わせ、電話等による合否判定結果の問合わせには、一切応じられません。

表12 合否判定結果の発表・通知の期日と実施方法

期日 2017年10月10日(火)
通知

1)合格者には、本人に合格証を交付することによりお知らせします。

2)不合格者には、その旨の通知書を送付します。

発表

1)合格者一覧表は、日本CM協会の本部と各支部に掲示します。

2)日本CM協会のホームページ(http://www.cmaj.org/)に合格者の受験番号を掲載します。

CCMJとACCMJの合格証は、有効期間(表13参照)の間は、大切に保管して下さい。

表13 合格証の有効期間

  有効期間  備考
CCMJ

自:2017年10月10日

至:2019年12月31日

この間に資格登録の手続きをしなければ、試験合格は無効になります
ACCMJ 定めなし 特典(「3-2」と「4-3」を参照)あり

 

§5. 資格登録(CCMJのみ)

5-1.資格登録の必要性

資格登録は、CCMJ資格を取得するために必須の手続きです。
即ち、CCMJ資格試験の合格証の有効期間中に、資格登録の手続きを行なって、CCMJ資格者証の交付を受ける必要があります。

5-2.資格登録方法の概要

資格登録に際しては、有効なCCMJ試験の合格証を有することと、日本CM協会の会員になることが求められます。

資格登録方法の概要は、表14の通りですが、詳細については、2017年10月に日本CM協会のホームページ(http://www.cmaj.org/)に掲載します。
尚、資格登録の申請に必要な書類は、CCMJ試験の合格証と一緒に送付します。

表14 2017年度の資格登録方法の概要 

受付期間 2017年11月6日(月)~2018年2月16日(金)
登録手数料 10,800円(消費税を含む)
主な提出書類

1) 登録申請書(写真と振替払込受付証明書を貼付)

2) 日本CM協会の会員証の写し

3) CCMJ試験の合格証

4) 詳細な実務経験の申告書

5) その他

 

5-3.資格登録に関する情報の取扱い

資格登録の際に登録していただいた情報については、登録者本人の事前の了解を得た場合は、個人情報保護に関わる法規を遵守した上で、一部の情報を公開することもあります。

 

§6. 登録更新(CCMJのみ) 

CCMJ登録証は交付後5年間有効です。有効期間中に日本CM協会が実施する資格登録更新制度に基づく継続能力開発(CPD)を行う必要があります。詳細については日本CM協会ホームページ(http://www.cmaj.org/)の「CPD研修手帳」を参照して下さい。

以上

 

試験会場案内図

Clipboard02

TokyoMap

NagoyaMap

OsakaMap

FukuokaMap