2018年度CMスクール第8講座「CMrのための法律知識とリスクマネジメント」を6月23日に開催し、55名の皆様に受講して頂きました。

午前の講義では、
聖橋法律事務所 所長 菅谷朋子様を講師にお招きし、「CMrのための法律知識と具体的事案の捉え方」を副題として、CMrが備えるべき法律の全体像としての公法と民事法の関係を整理し、発注者・受託者・請負者間の契約と契約責任を中心に民事責任についても理解して頂きました。ワークショップでは、建築プロジェクトで想定されるトラブル事例の設定に対して、法的な分析に挑戦し、発注者に説明しなければならない事項や提案すべきリスク回避方法等を討議することで、知識を深めて頂きました。

午後の講義では、
一般社団法人日本不動産研究所 資産ソリューション部 次長 廣田善夫様をお招きし、「プロジェクトにおける環境リスクマネジメントのポイント」を副題として、基本となるリスクマネジメントの概要を理解頂くとともに、プロジェクトへの影響が大きい代表的な環境リスクとしての土壌汚染、地中埋設物及びアスベストについて、そのマネジメント・ポイントを中心に学習して頂きました。ワークショップでは、想定プロジェクトにおけるリスクマネジメントとしてリスク認識と評価を具体的に検討することで、理解を深めて頂きました。

本講座で取り上げた内容は、日ごろCMrや設計者として従事されることの多い受講生の皆さまにとって、新たな、価値ある発見でありましたことを願っております。
今回の講座における、両講師の豊富な経験に基づいた実践的な講義とワークショップによる学びが、今後の業務の発展の機会となることを期待申し上げます。

re01 re02
re03 re04
10月 2019
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31