注1) 第7講座の会場は、ビジョンセンター田町202会議室です。
注2) 昼食の時間は13:00~13:50の50分です。できるだけ弁当等をお持ち下さい。

2020年5月17日(日) 「CMrが知っておくべき建物評価と施設管理」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00)

講師紹介
koushi itou

楠 浩一(くすのき ひろかず)

株式会社竹中工務店 FM本部 本部長付施設事業支援(DD担当)

<経歴>
1979年  竹中工務店 入社
1980年  生産管理部門及び情報システム部門を経て、各種開発プロジェクトに参画。
1998年~ 外資系金融機関による国内不動産の購入・売却ニーズに対応して、DD業務を
     組織的に対応する部門を立ち上げ、各ファンド・J-REITの組成等を支援。
     国内でのDD業務におけるエンジニアリング・レポート(ER)のデファクトスタンダード策定に
     寄与し、国内外のER作成においてもその活動領域を拡げて現職に至る。

<著書> 「不動産投資・取引におけるエンジニアリング・レポート作成に係るガイドライン」
     「不動産リスクマネジメントのためのERハンドブック」
     「建築物のライフサイクルマネジメント用データ集」 (ロングライフビル推進協会(BELCA):共著) 他
   
<主たる活動等> 
国交省 各種委員会、国土交通大学校「建築保全・評価研修」講師、不動産証券化協会(ARES)「協会認定マスター研修」講師、日本不動産鑑定士連合会「証券化対象不動産鑑定評価基準」委員、(BELCA)「ER作成者連絡会議」幹事長 他

カリキュラム紹介

講義内容: 「建物評価とリスクマネジメント及び資産価値評価」

〇 講義
昨今、CM業務が川上側に拡大するに連れ、不動産・建物取得等の投資判断や、建替えor改修等の事業計画判断にCMrが携わるケースが増えてきています。またCMとして計画に携わる不動産・建物についても、建物評価の視点を理解したうえで計画を行うことで、資産価値の持続に資することができるといった内容を解説します。
本講座では、 ①DD・ERとは何か ②ERで調査する建物評価の内容と各種リスクについて③中長期修繕・更新コストと再調達価格の基本的な考え方について講義いたします。

〇 ワークショップ
講義内容等をふまえて、
WS1:仮想の不動産・既存建物を取得するPJを例示し、考えられる潜在的・顕在化リスク
    と発生可能性の大小等々を評価して頂きます。
WS2:仮想建物について、中長期修繕・更新コストと再調達価格を概算し、CMrとして
    発注者に建替or改修のどちらを提案すべきか検討して頂きます。

 ■ 午後の部 (13:50~16:50)

講師紹介
koushi-saito2

岡 廣樹 (おか ひろき)

一般社団法人日本リノベーション・マネジメント協会 会長

<経歴>
1973年  永大産業株式会社ハウス研究所入所
1978年  近鉄不動産株式会社入社
2006年  日本コンストラクション・マネジメント協会 関西支部長
2012年  一般社団法人日本リノベーション・マネジメント協会 会長

インハウス・エンジニアとして研究開発、建築生産、CM、維持保全に携わってきた。
      
<主な著書> 
「CMガイドブック、改定版、第3版」(CM協会:共著)、 「はじめてのマンション大規模修繕―「価格開示方式」が管理組合を救う」(東洋経済新報社)、「そこが知りたい マンション大規模修繕Q&A 」(鹿島出版会:監修著)
<主な研究> 
「超高層集合住宅の地震災害リスクマネジメントに関する研究」(京都大学との共同研究)   
<主な資格> 
一級建築士、マンション管理士

カリキュラム紹介

講義内容: 「施設管理という視点で建設プロジェクトで留意すべきこと」

〇 講義
建物の完成は、発注者にとって出発点であり、その建物の活用を通じて事業を行います。
このため、本講座では、発注者のパートナーとなるCMrには、建物の竣工が主要な目的となる設計者・施工者以上に、事業を滞りなく推進するための建物の維持運営を見越した視点が必要であることを学習して頂きます。
① 維持運営段階でのファシリティコスト 
② 施設運営管理体系 
③ 施設管理の視点から注意すべき建物計画の例 
④ BEMSやBIM連携等の施設管理ツールの現状と将来

〇 ワークショップ
ワークショップでは、仮想の施設計画を例示し、
【WS1】 業務範囲及び仕様書を教材として、その内容の是非について検討して頂きます。
【WS2】 CMが施設維持管理の視点から設計者に確認すべき事項やアドバイスを検討して

注1) 第6講座の会場は、ビジョンセンター田町202会議室です。
注2) 昼食の時間は13:00~13:50の50分です。できるだけ弁当等をお持ち下さい。

2020年4月19日(日) 「CMrの行うコストプランニング」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00)

講師紹介
koushi itou

岩崎 力(いわさき りき)

株式会社 久米設計 コストマネジメント部 主管

1995年3月  法政大学工学部建築学科 卒業

1995年4月~  茜建築コンサルタント株式会社 (積算部所属)

                数量積算業務(主に仕上)に従事

1998年1月~  株式会社 久米設計 積算部(現:コストマネジメント部)

                企画~概算業務、実施積算値入業務、見積査定協議等

                コストマネジメント業務全般 及び CM業務

コストマネジメント・積算業務に従事し、住宅・業務・商業・教育・医療・生産・流通・福祉・宿泊・庁舎・スポーツ施設・・・概ねの用途 及び 日本全国区の案件を経験、また 公共・民間案件問わず携わり、双方のスキームや再開発・補助金対応等々でのコスト・積算業務においては広義にわたり行っており、その経験をもとにCMr主担当としてもプロジェクトに参画している。

2015年CM選奨(SGリアルティ柏A・B棟新築工事 CM業務 約246,500㎡)

2015年 日本建築積算協会 創立40周年記念大会

        パネルディスカッションパネラー 「“チャレンジ”未来に向けて」

<資格、(所属団体)>

一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー(日本CM協会会員)、建築コスト管理士・建築積算士(日本建築積算協会正会員)、(日本建築学会会員)

カリキュラム紹介

講義内容: 「CMrが理解すべきコストプランニング」

〇 講義

コストプランニングとは計画機能と呼ばれ、コスト予測、コスト目標及びコスト配分を行なうことではあるが、様々な状況や時点もしくは情報量により、手法も精度も異なることがある。CMrとしてそれらを理解し、円滑にプロジェクトを推進させるためにも適切な説明を行なったり、各関係者との調整を図っていくなどの能力が必要である。そのために必要なコストプランニングに対する理解を深めることを学びます。

〇 ワークショップ

ワークショップでは、コストプランニングについての見識を深めるために、情報量の違いによる組み立て方や検証および説明の仕方などを組み立ての一部を簡易に体験したりしながら、ワークします。

 ■ 午後の部 (13:50~16:50)

講師紹介
koushi-saito2

生島 宣幸 (いくしま のぶゆき)

株式会社日積サーベイ 代表取締役

<経歴>

1978年  東海大学工学部建築学科卒業

1978年  株式会社日積サーベイ入社(旧社名:日積工務)

2000年  代表取締役就任

東京・大阪・福岡、各都市で勤務。多数の大規模工事の積算・コスト算出業務を担当。

コスト算出業務の多くが、基本計画・基本設計から実施設計まで一連で対応。

併せて、BIM連携積算システムを開発、いち早く実務で運用を開始する。

(著書) 「建築コスト管理士ガイドブック」「建築積算士ガイドブック」(日本建築積算協会:共著) 他 

<資格、所属団体等> 

認定コンストラクション・マネジャー、建築コスト管理士、建築積算士、クオンテイテイ・サベイヤー

(公社)日本建築積算協会副会長、RICSジャパンカウンシルメンバー

カリキュラム紹介

講義内容: 「コストマネジメントに資する(活用する)概算やコストの変動要因」

〇 講義

建設プロジェクトにおいて、クライアントの要求・要望が最も多い建築コストに関して、特に設計の早い段階(基本計画・基本設計)から、適切なコスト計画を作成・確認していくための手法やその注意点について解説します。

本講座では、CMrとして理解が必要な様々なコストの変動要因や設計の進捗度に合わせた概算手法とコストデータの活用について講義いたします。

〇 ワークショップ

ワークショップでは、講義内容をふまえ建設プロジェクトの早い段階において、コスト計画の問題点などを抽出し、コストに関する確認・検討などを行って頂きます。併せて、受講者の皆様で意見交換などを行い、コストプランニングの実施における応用知識として頂きたいと思います。

注1) 第3講座の会場は、ビジョンセンター田町202会議室です。
注2) 昼食の時間は13:00~13:50の50分です。できるだけ弁当等をお持ち下さい。

2020年1月19日(日) 「CMrが行う設計与件策定とデザインマネジメント」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00)

講師紹介
koushi itou

小倉 哲 (おぐら さとし)

株式会社山下PMC 事業創造推進本部 第二部部長

<経歴>
1998年  東京工業大学理工学研究科建築学専攻修了
1998年~ 戸田建設(株) 東京支店工事部
2000年~ 戸田建設(株) 建築設計統轄部計画設計部
     主に医療・福祉施設の設計・監理に従事
2016年~ (株)山下PMC

<資格、所属団体等> 
    ・認定コンストラクション・マネジャー
    ・一級建築士
    ・医業経営コンサルタント

   日本CM協会 国内調査研究委員会委員長

カリキュラム紹介

「良い設計者選びとは」

 建設プロジェクトでは、事業推進のバイブルとなる基本構想・基本計画が重要であるとともに、それを具現化させる「設計者」の果たす役割がプロジェクトの成否を左右します。しかし、具体的な設計提案内容については議論される機会が多い反面、設計者の役割や、当該プロジェクトに相応しい設計者像についてのプロジェクト関係者間の認識が一致していなかったり、設計者がそのプロジェクトにおける役割を理解せず期待された役割を果たせないことが、プロジェクト推進の課題となる場面も少なくないのではないでしょうか。
 本講義では、設計者選定段階にフォーカスし、設計者の役割を改めて考え、プロジェクトに相応しい良い設計者とは何か?どのようにしてそのような設計者を選定できるかを学んで頂きます。
 そして今年のワークショップでは、良い設計者を選定するために必要となる募集要項書づくり、選定方法や選定基準づくりについて、具体的に検討して頂くとともに、応募する立場・選定する立場に分かれてより実践的な体験をして頂く場を設けます。
 設計業務や、設計者選定業務に直接携わる方ばかりでなく、発注者やCMrの立場で、建設プロジェクトに関与する方に広く学んでいただけるよう基本的な内容から説明いたします。

 

 

■ 午後の部 (13:50~16:50)

講師紹介
koushi-saito2

木下 雅幸 (きのした まさゆき)

株式会社山下PMC 取締役 専務執行役員

<経歴>
1994年   神戸大学大学院  自然工学科建築学修了
1994年~ (株)山下設計 本社設計部
2007年~ 大手生命保険 不動産投資グループ
2010年~ (株)山下PMC

 <資格、所属団体等> 
  ・認定コンストラクション・マネジャー
  ・一級建築士
  ・ビル経営管理士
  
  〈著書〉 ムダな努力ゼロで大成長 賢い仕事術
  〈受賞〉 グッドデザイン賞、CM選奨

カリキュラム紹介

「設計与件=プログラムを策定し、より良い建物の具現化に貢献する」

 設計与件を策定すると聞くと、単に諸室の面積などが一覧となったものをイメージするかもしれません。しかし、単に条件を書き連ねるだけでは、その後のプロジェクトの円滑な推進、そして成功はおぼつかないでしょう。CMrがそこに介在し、プロとしてプロジェクトのより良い成功に貢献するために、どのようにプロジェクトを捉え、どのようなスタンスで【真の与件】を引き出していけばよいのか。これらをしっかりと理解し、実践することが重要となります。
 講義の前半では、これらプログラムの策定で求められるスタンスや、考えておくべきことを掘り下げていきます。後半では、策定したプログラムを元にどのような視点から設計のマネジメントを行い、実建物に昇華していくかについて解説します。
 ワークショップでは実際のプロジェクトの状況をリアルに再現します。当初設定した与件のマネジメントに加え、その時々の変更にいかに対応していくか。さらに、プロジェクトが止まってしまうような状況に直面した時に、どのように計画上のソリューションを提供し、プロジェクトを前に進めていくか、検討して頂きます。
 机上の理屈ではとどまらない、【生き物としてのプロジェクト】の難しさと楽しさを体験してください。

注1) 第5講座の会場は、ビジョンセンター田町202会議室です。
注2) 昼食の時間は13:00~13:50の50分です。できるだけ弁当等をお持ち下さい。

2020年2月16日(日) 「CMrのための発注戦略策定と施工者選定」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00)

講師紹介
koushi itou

小川 真隆(おがわ まさたか)

(株)三菱地所設計 コンストラクションマネジメント部 主幹

1994年  横浜国立大学工学部建設学科卒
1994年~ 三菱地所設計監理部門にて、約5年間
      コスト管理業務等を担当
2000年~ CM業務関係部署立上げ及び
      CM業務に従事
2001年~ 三菱地所設計CM関係部署に異動
      現在に至る
      公共、民間、多種多様な用途・
      プロジェクト形態のCM業務を経験

日本CM協会では、会員交流小委員会にて活動
認定コンストラクション・マネージャー、一級建築士、CASBEE評価員

カリキュラム紹介

多様化する発注方式を体系的に学び、CMrとしてプロジェクトを成功させるための発注戦略の立案と実施の手順を、講義とワークショップを通じて学習して頂きます。
【講義内容】 ① 実例から読み解く戦略事例
② 多様化する発注方式の体系と特徴
       ③ 公共プロジェクトにおける発注戦略
       ④ 民間プロジェクトにおける発注戦略
【ワークショップ内容】
 事例等に基づき、プロジェクトに適した「プロジェクト実施方式」「品質とコスト管理の手法」等について課題に基づく検討を行い、「発注戦略」を立案します。グループごとに発注戦略を立案後、お互いの講評を通じて最適な戦略の在り方を実習します。 

 ■ 午後の部 (13:50~16:50)

講師紹介
koushi-saito2

片田 和範 (かただ かずのり)

立命館大学 客員研究員
一般社団法人 建築社会システム研究所研究員

1980年 北海道大学建築工学科卒
1980年~ゼネコンにて施工管理・設計・
     積算・営業計画に従事
1998年~森ビルにて発注・調達業務に従事
     六本木ヒルズ、上海環球金融中心、虎ノ門ヒルズ等担当
2017年~立命館大学 客員研究員
2018年 華中科技大学で講演
2019年 同済大学で講演(中国建築学会)
日本CM協会では、CMガイドブック、CM業務委託契約約款、
同解説書等作成に協力
日本建築学会 建築社会システム委員会 発注者の役割小委員会委員
認定コンストラクション・マネジャー,一級建築士,一級施工管理技士,宅地建物取引士

カリキュラム紹介

建設プロジェクトにおいて施工者選定は最も重要な要素の一つであり、CMrの能力が問われる業務です。当講座では施工者選定に関する基本的知識を講義で学び、具体的な事例を用い施工者選定の進め方や評価・分析方法などをワークショップで学びます。
【講義内容】 ① 施工者選定業務の流れと確認事項
② 見積もり図、施工者募集要項書 の要点
③ 見積書・提案書の分析評価

【ワークショップ内容】
 施工者選定スケジュールと施工者募集要項書の作成演習により
 施工者選定の流れを理解し、VE提案評価・見積り比較表分析を
 通して、優先交渉権者候補者選定演習を行う

※第3講座は定員に達したため、これ以降はキャンセル待ちでの受付となります。2019.11.7

注1) 第3講座の会場は、ビジョンセンター田町202会議室です。
注2) 昼食の時間は13:00~13:50の50分です。できるだけ弁当等をお持ち下さい。

2019年12月1日(日) 「CMrがサポートする発注者の事業計画」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00)

講師紹介
koushi itou

伊藤 一義 (いとう かずよし)

株式会社日本設計 PM・CM部 副部長

<経歴>
1983年 芝浦工業大学建築工学科卒業
2008年 株式会社日本設計入社
2011年 地方百貨店新館計画CM業務
2012年 建材メーカー東京本部移転PM業務
2018年 都内再開発事業施設建築物設計コスト管理
2018年 熊本城復旧基本計画策定支援
2019年 事業準備支援業務、DBアドバイザリー業務
2019年 オープンブック・コストプラスフィー支援業務

2013年 日本建築学会大会(北海道)建築社会システム部門パネルディスカッション、
    「発注者も受注者も納得する建築コストとは ~品質と労働環境を考慮したコスト
     マネジメントのあり方~」主題解説「設計者のコスト管理」 
2016年 日本建築学会大会(九州)建築社会システム部門パネルディスカッション「コスト
     マネジメントの現状と課題~コスト認識の差異と改善を探る~」主題解説「設計者
     のコストマネジメント」

<資格、所属団体等> 
  認定コンストラクション・マネジャー、一級建築士、認定ファシリティマネジャー、
  建築コスト管理士、建築積算士、BSIプロジェクトマネジャー

カリキュラム紹介

「リアルタイム・コストモニタリング」

〇講義

建設プロジェクトにおいて、クライアントのコストに関する要望に対して適切な計画案を策定していくためには、計画の進捗に合わせて時間的なロス無くコストに関する検討と意思決定を行うことが重要になります。このためには、リアルタイムにコストのモニタリングを行い、設計検討の課題の把握し問題解決の提案を行うことが必要となります。
本講座では、設計段階におけるコストマネジメントの業務項目・実施内容を確認し、リアルタイムのコストのモニタリングを実施するために必要な実施事項、関係者の役割分担・業務体制及び関連する技術・知識等を講義いたします。

〇ワークショップ

ワークショップでは、実際の建設プロジェクトを想定し、発注者の要求事項、設計検討の課題を設定し、コストに関する確認・検討・助言等を行って頂きます。加えて、その確認・検討・助言内容について受講者の皆様で意見交換等を行い、コストマネジメントの実施における課題を検証し、実務における応用知識として頂きたいと思います。 

 

 

■ 午後の部 (13:50~16:50)

講師紹介
koushi-saito2

鈴木 勝之 (すずき かつゆき)

日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社
コストマネジメントグループ チーフ・マネジャー

1990年3月  日本大学理工学部建築学科卒業
1990年4月~  建設会社入社
        構造設計部門にて事務所・マンション等の構造設計に従事
        その後、香港支店にて施工管理に従事
1999年1月~  コンサルタント会社入社
        ODA案件や商業施設CM業務に従事
2007年2月~  日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社入社
        オフィス、ホテル、商業施設、病院、アリーナ、文化ホール、
        複合施設等多数のCM業務に従事
        大規模再開発や公共工事等で多数の発注マネジメント業務を実施
           
<資格、所属団体等> 
  一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー、CASBEE評価員

カリキュラム紹介

「建設プロジェクトマネジメントとコストマネジメント」

〇 講義

「建設プロジェクトにおけるコストはプロジェクト実施の可否や成功の判断を左右する重要事項の中のひとつです。建設プロジェクトのコストを推計し、プロジェクトをコントロールするコストマネジメントはCM業務の中でも重要なマネジメント業務のひとつとなります。
本講座では、建設プロジェクトにおいてコストマネジメントを軸としたCM業務を実施するための考え方・技術・知識等を講義いたします。

〇 ワークショップ

ワークショップでは、講義内容を踏まえ建設プロジェクトにおけるコストマネジメントを実践するために、具体的なケースを通して課題の抽出と解決策の検討を行い、実務に役立てる知識としていただきたいと思います。

5月 2020
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31