注1) 第3講座の会場は、ビジョンセンター田町202会議室です。
注2) 昼食の時間は13:00~13:50の50分です。できるだけ弁当等をお持ち下さい。

2020年1月19日(日) 「CMrが行う設計与件策定とデザインマネジメント」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00)

講師紹介
koushi itou

小倉 哲 (おぐら さとし)

株式会社山下PMC 事業創造推進本部 第二部部長

<経歴>
1998年  東京工業大学理工学研究科建築学専攻修了
1998年~ 戸田建設(株) 東京支店工事部
2000年~ 戸田建設(株) 建築設計統轄部計画設計部
     主に医療・福祉施設の設計・監理に従事
2016年~ (株)山下PMC

<資格、所属団体等> 
    ・認定コンストラクション・マネジャー
    ・一級建築士
    ・医業経営コンサルタント

   日本CM協会 国内調査研究委員会委員長

カリキュラム紹介

「良い設計者選びとは」

 建設プロジェクトでは、事業推進のバイブルとなる基本構想・基本計画が重要であるとともに、それを具現化させる「設計者」の果たす役割がプロジェクトの成否を左右します。しかし、具体的な設計提案内容については議論される機会が多い反面、設計者の役割や、当該プロジェクトに相応しい設計者像についてのプロジェクト関係者間の認識が一致していなかったり、設計者がそのプロジェクトにおける役割を理解せず期待された役割を果たせないことが、プロジェクト推進の課題となる場面も少なくないのではないでしょうか。
 本講義では、設計者選定段階にフォーカスし、設計者の役割を改めて考え、プロジェクトに相応しい良い設計者とは何か?どのようにしてそのような設計者を選定できるかを学んで頂きます。
 そして今年のワークショップでは、良い設計者を選定するために必要となる募集要項書づくり、選定方法や選定基準づくりについて、具体的に検討して頂くとともに、応募する立場・選定する立場に分かれてより実践的な体験をして頂く場を設けます。
 設計業務や、設計者選定業務に直接携わる方ばかりでなく、発注者やCMrの立場で、建設プロジェクトに関与する方に広く学んでいただけるよう基本的な内容から説明いたします。

 

 

■ 午後の部 (13:50~16:50)

講師紹介
koushi-saito2

木下 雅幸 (きのした まさゆき)

株式会社山下PMC 取締役 専務執行役員

<経歴>
1994年   神戸大学大学院  自然工学科建築学修了
1994年~ (株)山下設計 本社設計部
2007年~ 大手生命保険 不動産投資グループ
2010年~ (株)山下PMC

 <資格、所属団体等> 
  ・認定コンストラクション・マネジャー
  ・一級建築士
  ・ビル経営管理士
  
  〈著書〉 ムダな努力ゼロで大成長 賢い仕事術
  〈受賞〉 グッドデザイン賞、CM選奨

カリキュラム紹介

「設計与件=プログラムを策定し、より良い建物の具現化に貢献する」

 設計与件を策定すると聞くと、単に諸室の面積などが一覧となったものをイメージするかもしれません。しかし、単に条件を書き連ねるだけでは、その後のプロジェクトの円滑な推進、そして成功はおぼつかないでしょう。CMrがそこに介在し、プロとしてプロジェクトのより良い成功に貢献するために、どのようにプロジェクトを捉え、どのようなスタンスで【真の与件】を引き出していけばよいのか。これらをしっかりと理解し、実践することが重要となります。
 講義の前半では、これらプログラムの策定で求められるスタンスや、考えておくべきことを掘り下げていきます。後半では、策定したプログラムを元にどのような視点から設計のマネジメントを行い、実建物に昇華していくかについて解説します。
 ワークショップでは実際のプロジェクトの状況をリアルに再現します。当初設定した与件のマネジメントに加え、その時々の変更にいかに対応していくか。さらに、プロジェクトが止まってしまうような状況に直面した時に、どのように計画上のソリューションを提供し、プロジェクトを前に進めていくか、検討して頂きます。
 机上の理屈ではとどまらない、【生き物としてのプロジェクト】の難しさと楽しさを体験してください。

※第3講座は定員に達したため、これ以降はキャンセル待ちでの受付となります。2019.11.7

注1) 第3講座の会場は、ビジョンセンター田町202会議室です。
注2) 昼食の時間は13:00~13:50の50分です。できるだけ弁当等をお持ち下さい。

2019年12月1日(日) 「CMrがサポートする発注者の事業計画」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00)

講師紹介
koushi itou

伊藤 一義 (いとう かずよし)

株式会社日本設計 PM・CM部 副部長

<経歴>
1983年 芝浦工業大学建築工学科卒業
2008年 株式会社日本設計入社
2011年 地方百貨店新館計画CM業務
2012年 建材メーカー東京本部移転PM業務
2018年 都内再開発事業施設建築物設計コスト管理
2018年 熊本城復旧基本計画策定支援
2019年 事業準備支援業務、DBアドバイザリー業務
2019年 オープンブック・コストプラスフィー支援業務

2013年 日本建築学会大会(北海道)建築社会システム部門パネルディスカッション、
    「発注者も受注者も納得する建築コストとは ~品質と労働環境を考慮したコスト
     マネジメントのあり方~」主題解説「設計者のコスト管理」 
2016年 日本建築学会大会(九州)建築社会システム部門パネルディスカッション「コスト
     マネジメントの現状と課題~コスト認識の差異と改善を探る~」主題解説「設計者
     のコストマネジメント」

<資格、所属団体等> 
  認定コンストラクション・マネジャー、一級建築士、認定ファシリティマネジャー、
  建築コスト管理士、建築積算士、BSIプロジェクトマネジャー

カリキュラム紹介

「リアルタイム・コストモニタリング」

〇講義

建設プロジェクトにおいて、クライアントのコストに関する要望に対して適切な計画案を策定していくためには、計画の進捗に合わせて時間的なロス無くコストに関する検討と意思決定を行うことが重要になります。このためには、リアルタイムにコストのモニタリングを行い、設計検討の課題の把握し問題解決の提案を行うことが必要となります。
本講座では、設計段階におけるコストマネジメントの業務項目・実施内容を確認し、リアルタイムのコストのモニタリングを実施するために必要な実施事項、関係者の役割分担・業務体制及び関連する技術・知識等を講義いたします。

〇ワークショップ

ワークショップでは、実際の建設プロジェクトを想定し、発注者の要求事項、設計検討の課題を設定し、コストに関する確認・検討・助言等を行って頂きます。加えて、その確認・検討・助言内容について受講者の皆様で意見交換等を行い、コストマネジメントの実施における課題を検証し、実務における応用知識として頂きたいと思います。 

 

 

■ 午後の部 (13:50~16:50)

講師紹介
koushi-saito2

鈴木 勝之 (すずき かつゆき)

日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社
コストマネジメントグループ チーフ・マネジャー

1990年3月  日本大学理工学部建築学科卒業
1990年4月~  建設会社入社
        構造設計部門にて事務所・マンション等の構造設計に従事
        その後、香港支店にて施工管理に従事
1999年1月~  コンサルタント会社入社
        ODA案件や商業施設CM業務に従事
2007年2月~  日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社入社
        オフィス、ホテル、商業施設、病院、アリーナ、文化ホール、
        複合施設等多数のCM業務に従事
        大規模再開発や公共工事等で多数の発注マネジメント業務を実施
           
<資格、所属団体等> 
  一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー、CASBEE評価員

カリキュラム紹介

「建設プロジェクトマネジメントとコストマネジメント」

〇 講義

「建設プロジェクトにおけるコストはプロジェクト実施の可否や成功の判断を左右する重要事項の中のひとつです。建設プロジェクトのコストを推計し、プロジェクトをコントロールするコストマネジメントはCM業務の中でも重要なマネジメント業務のひとつとなります。
本講座では、建設プロジェクトにおいてコストマネジメントを軸としたCM業務を実施するための考え方・技術・知識等を講義いたします。

〇 ワークショップ

ワークショップでは、講義内容を踏まえ建設プロジェクトにおけるコストマネジメントを実践するために、具体的なケースを通して課題の抽出と解決策の検討を行い、実務に役立てる知識としていただきたいと思います。

注1) 第1講座の会場は、ビジョンセンター田町202会議室です。
注2) 昼食の時間は13:00~13:50の50分です。できるだけ弁当等をお持ち下さい。

 

2019年10月20日(日) 「よくわかるCM業務スコープ設定と提案演習」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00)

講師紹介
koushi-hattori

服部 裕一(はっとり ゆういち)

日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社 取締役

1993年~ 京都大学大学院 工学研究科建築学修了
1993年~ 日建設計 設計部
2001年~ 日建設計 FMS室→バリューマネジメント室
2007年~ 日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社に転籍

<資格>
・認定コンストラクション・マネジャー    ・認定ファシリティマネジャー
・プロジェクトマネジャー・スペシャリスト  ・一級建築士
・一級建築施工管理技士

日本コンストラクション・マネジメント協会関西支部幹事
日本コンストラクション・マネジメント協会試験実施委員会 委員長
日本コンストラクション・マネジメント協会資格・試験委員会 委員

カリキュラム紹介

「発注者の期待に応える、勝てる提案とプレゼンテーション」

CM業務を受託し、これを円滑に遂行し期待される成果を得るためには、はじめに“発注者の想い”を理解しながら、「的を射た提案」と「効果的なプレゼンテーション」が必要になります。 提案力とプレゼンテーション力は、CM業務を勝ち取るためだけではなく、プロジェクトを通してCMrには絶対的に必要なスキルであるとも言えます。つまり、プロジェクトが置かれている状況を的確に判断し、いかに発注者 の“こころ”に届く提案・プレゼンテーションを行うという事が、 CMrとして成功を収める鍵となる訳です。

本講義では、建設プロジェクトにおける発注者のCMrに対する期待や想いの本質を捉え、一歩踏み込んだ発注者の心をつかむ提案につなげる手法を学んで頂きます。

そしてワークショップでは、提案に先立ち、プロジェクトにおける発注者の要求事項や期待が何かを読み取り、その “発注者の想い”に沿った最適な提案の演習を行って頂きます。プレゼンテーションでは、より魅力的で発注者のこころに届くものにするかを学んで頂きます。

これからCM業務提案に取り組む方にも分かりやすく、提案に向けた心構えとその手法をご理解頂きます。

 

 

■ 午後の部 (13:50~16:50)

講師紹介
koushi-saito2

齋藤 仁 (さいとう ひとし)

株式会社NTTファシリティーズ 営業本部 理事 副本部長

1991年  北海道大学大学院工学研究科修了
1991年~ 日本電信電話株式会社(以下NTT)入社
1992年~ NTTから分社したNTTファシリティーズに勤務
2006年~ NTTファシリティーズ CM部
2013年~ NTTファシリティーズ 関西事業本部 営業本部
2016年~ NTTファシリティーズ グリーンITビルビジネス本部
2016年~ 現 職

<資格>
・認定コンストラクション・マネジャー  ・認定ファシリティマネジャー
・一級建築士              ・建築積算士
・一級建築施工管理技士

日本建築学会 代議員
日本コンストラクション・マネジメント協会 機関誌委員会委員長

カリキュラム紹介

「募集要項書から読み解く、的確な業務計画立案と提案書の作成」

CM業務の受託は、発注者が提示するCMr募集要項書にしたがってCM業務提案書を作成するところから始まります。そして、発注者のニーズを捉えた的確な業務スコープの組み立てをベースに、分かりやすく魅力的なCM業務提案書によってそれを伝えることで、発注者の共感を勝ち取り、業務の受託に結びつけていくことができます。

本講義では、CMr募集要項書の内容を読み解き、発注者の要望を的確に掴んだ上で、プロジェクトを成功に導くための業務スコープの立案手法と、魅力あるCM業務提案書に結び付けていく為のポイントについて学んで頂きます。

ワークショップでは、具体的な事例を引用して設定されたCMr募集要項書に対して、各グループで様々な角度から検討・討論して頂き、魅力あるCM業務提案書を作成して頂きます。
その後に作成頂いたCM業務提案書を使い実際にプレゼンテーションを行って頂きます。それらをお互いに講評することにより、確かな業務の組み立てと提案書の作成の手法を学んで頂くワークショップとなっております。

本年は、これからCM業務提案に取り組む方にも基礎を学んで頂けるよう、ベーシックな内容から提案の実際までを講義・演習いたします。

 

注1) 第2講座の会場は、ビジョンセンター田町202会議室です。
注2) 昼食の時間は13:00~13:50の50分です。できるだけ弁当等をお持ち下さい。

 

2019年11月10日(日) 「CMrがサポートする発注者の事業計画」

 

■ 午前の部 (10:00~13:00)

講師紹介
koushi-hattori

佐藤 俊朗 (さとう としろう)

WeWork Japan合同会社 シニアヴァイスプレジデント
明治大学 専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 専任講師

1988年、米系大手不動産サービス会社に入社。約10年間の米国勤務を経て、日本法人で企業不動産(CRE)ならびに海外不動産サービスを事業責任者として牽引したのち、2012年から7年間在籍したJLLを経て、2019年にWeWorkに入社。

30年以上に渡り、日本企業及び外資系企業向けに、グローバルかつ総合的に不動産サービスを提供。不動産コンサルティングから取引管理、ポートフォリオ戦略、施設管理、海外不動産投資実務まで、広範な分野で専門的な知識と経験を持つ。明治大学ビジネススクールの兼任講師も務め、「グローバルCRE戦略論」等の不動産関連講義を担当している。

取得資格:FRICS MCR 米国不動産ライセンス(NY/NJ/CA州) 宅建

カリキュラム紹介

「企業経営における不動産 財務の基礎知識」

〇講義

自らが営む事業のために不動産を活用している一般事業会社において、不動産活用が企業財務上どのようなインパクトをもたらすのか、どのような比較において意思決定を行うのかを、企業経営の視点をふまえた財務の講義と演習を通じて理解していただきます。

〇ワークショップ

講義の内容を踏まえて正味現在価値、事業会社視点での不動産資産価値など、企業経営の中での意思決定において有効な指標を学んでいただきます。 

 

 

■ 午後の部 (13:50~16:50)

講師紹介
koushi-saito2

小暮 恒介(こぐれ こうすけ)

日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社
マネジメントグループ チーフ・マネージャー

1998年3月  東京工業大学 大学院 理工学研究科 建築学専攻 卒業 
1998年4月~ 大手建設会社 入社
  構造設計部門にて、超高層・免震建物など、数多くのプロジェクトの構造設計を担当
  その後、PFI事業部にて、 事業計画やPM計画の企画立案業務に従事
2007年2月~ 大手信託銀行 入社
  顧客資産の利活用(CRE)に関するコンサルティング業務に従事
  数多くの顧客資産活用に関する戦略立案を実施
2015年1月~ 日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社 入社
  オフィス、商業施設、物流施設、データセンター等、多数のCM業務を担当するとともに
  2016年1月からPGM(プログラムマネジメント) LAB長に従事
2017年1月~現在 同社マネジメントグループ チーフ・マネージャーに従事
 
<資格>
一級建築士、認定コンストラクション・マネジャー(CCMJ)、宅地建物取引主任者、
不動産証券化協会認定マスター、認定ファシリティマネージャー(CFMJ)

カリキュラム紹介

「クライアントの事業価値最大化手法」

〇講義

不動産活用が企業に与えるインパクトは、新築や修繕などによってどのように影響を及ぼすのか、また、そのインパクトを最適化するためにはどのような施策を講じるのが効果的なのか、企業の経営における各指標や事業スキームの紹介、開発手法などを紹介しながら、講義と演習を通じて理解していただきます。

〇ワークショップ

ワークショップでは、講義の内容を踏まえ、企業の中期経営計画を実践するために、クライアントに対してどのような不動産活用を提案するのか、具体的なケースを通して学んでいただきます。 

 

 
CMSchool2019

※第4講座は定員に達したため、これ以降はキャンセル待ちでの受付となります。2019.12.2

※第5講座は定員に達したため、これ以降はキャンセル待ちでの受付となります。2019.11.25

2019年度CMスクールのご案内です。

CMスクールは、既にコンストラクション・マネジャー(CMr)として活躍する方、またこれからCM に取り組もうとする方を対象にして、さまざまな分野のプロフェッショナルを講師に迎えて、基礎及び実践的な知識と技術を学ぶ場を提供致します。このスクールを通じて、実際のプロジェクトにおいてCM業務を遂行できる能力を持つマネジャーを育成し、健全でかつ質の高いCM方式が日本に普及することを目指しています。

CM業務を遂行するために必要な基礎・実践的な知識と技術は、単に建築の設計や施工の知識と技術に留まらず、法律、契約、ファイナンスなど様々な分野があります。本スクールでは、そのような知識と技術の中から、特に重要と考えられる分野を抽出し、その分野について体系立てて学んで頂こうという思いでカリキュラムを組み立てています。

それぞれの講座では複数の講師が専門分野を担当し、全体としてCMrが有すべき知識と技術を皆様に提供します。皆様が不足していると考える分野の講座を受講されその知識と技術を習得されるとともに、今後の業務に備える新しい分野の講座も是非受講されて、幅広い知識と技術を身に付けて頂きたいと思います。

 

◆ CMスクールの特徴

実践的な学習 CMスクールでは、すでにコンストラクション・マネジャー(CMr)として活躍されている方や、これからCMに取り組もうとする方に対し、ワークショップを通じた実践的な知識と技術を学習する場を提供します。
   
幅広い選択肢 CMスクールでは、テーマ毎に分かれた幅広い講座から希望の講座を選択して受講できるため、自分の不得意な分野の知識をより高めることや、現在提供しているサービスに特化してその質をより高めることが可能です。
   
CPD対応 CMスクールは日本コンストラクション・マネジメント協会の認定コンストラクション・マネジャー(CCMJ)のCPDに対応しています。

 

「カリキュラム」へ

「受講料・CPD」へ

「申込方法」へ

「会場」へ

「注意事項」へ

 

【FAQ】

Q: CMスクールは、どのような方を対象にしているのですか?

A: 主にCCMJを取得した資格者の方でCM業務を実践されている方を想定していますが、必ずしもCM実務経験を必要とする内容というわけではありません。

Q: CM実務未経験者ですが、受講可能ですか?

A: 相応の建設プロジェクトの実務経験があれば、CM実務未経験でも受講可能です。2018年度受講者のアンケート結果では、3分の1弱の方がCM実務は未経験と回答されていました。

Q: 受講者はどのような方が多いのですか?

A: CM会社の社員の方と設計事務所・積算事務所の社員の方などで参加者の約7-8割が占められています。他には建設会社の方、プラント業界の方、公共・民間発注者の方、FM業界の方もいらっしゃいます。CM会社が社員教育として利用している例もあります。

 

12月 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31